読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

パリの風景

まさかの2連続

今日も快晴、気持ちの良い朝。 週末の朝はいつもこんなんから始まります。 ブログ購読とゆっくり朝食とのコンビネーションは◎。 2枚はいけるが一枚で我慢してみる。 そしてフリーマーケットを冷やかして、 そのまま公園へ。 昨日はまさかのダブル投稿、今日…

3ヶ月目

今日(現在パリ時間はまだ20日の夜です)は術後3ヶ月目だったことに今気がついた。 人工股関節の回りに そろそろ保護膜ができた頃か。 アメリカのTちゃんも、3ヶ月後から新しい世界が広がると言ってたな。 現在21時、窓の外は散歩に出ようか迷うくらい明るい…

10km d'Equipe

先日、息子の企業研修用のシャツでも買うかとユニクロに行ってみると、入り口にこんな看板が。 「ユニクロは 10km d'Equipe の皆さんと一緒に走ります!」 パートナーになったんだ。がんばってるな。 今年は6月11日がレースか。 10km d'Equipe それはパリ市…

術後初めての診察 / 人工股関節置換術

パリマラソンでウォーキング デビューした2日後、術後初めての外科医の経過視察を受けます。 術後8週間目に突入。 退院時には、次回45日後(約6週間後)に診察 という指示でしたが、外科医が2週間の休暇をとっていたので遅れました。 (バカンスを非常に大切…

一年が始まる

今日は年一度の乳がん検診でした。 毎年のがん検診は、パリマラソン直後と決めていますが、今年は股関節の件があったので少し遅れ気味です。 (パリマラソン後と決めている理由は、マラソン前に何か見つかると困るから 笑) 遺伝子検査や家族の病歴などから…

人工股関節置換術 退院後 ②

月曜日、朝から出張看護婦さんがバンドエイド交換にやってきます。 「うわっ 内出血がすごいですね。」⤵️ 「でも傷口はきれい」⭐️ 次に理学療法士さん 「うわっ まれに見る内出血ですね。」⤵️⤵️ 退院時に渡された手術内容とリハビリの指示書を確認後、まずは…

人工股関節置換術 退院後 ①

病室をでて退院の手続きに受付にいくと、1階のホールは退院ラッシュ。 足専用の整形クリニックなので、みなさん松葉杖、そして両手が塞がれているので背中にはリュック、加えて入院の荷物が入ったと思われるキャリーケースを持って受付前に行列しています。…

人工股関節置換術 入院編 ⑥

術後4日目です。(そろそろ明日あたり退院かな〜 楽しみ) 何だかまたまた調子がアップした感じがします。(本当に日に日に良くなる感じです) 病室内のトイレまでの数メートルの移動は、松葉杖を使わなくても大丈夫になってきました。(両腕はマックスに使…

人工股関節置換術 入院編 ⑤

今日も旬のこの話題から。 新大統領のキャッチフレーズは En Marche! (前進 !)ですが、直訳すれば 「歩こう!」 どちらも私の今の状況のキャッチフレーズにぴったりです。(笑) 経済省のトップにだったとき、それまで日曜日は基本的にミサの日なのでお店…

人工股関節置換術 入院編 ①

手術の2日前に自分の股関節とのお別れランをします。(やっぱり痛いし、びっこ具合がビデオでまるわかりだし、でもガーミンにも記録残したかったし) そして足全体の脱毛も完ぺき。(これも感染症予防のための医師からの指示です。皮膚を傷つけないために方…

人工股関節置換術に至るまで ⑦

人工股関節作成のために3Dスキャナーで股関節の映像をとり、オーダーメイドの人工股関節を作成してもらいます。(作成まで1ヶ月程かかるとのこと。こちらもギリギリ) 麻酔医の事前診察もクリア。 心臓専門医からの手術許可の証明書取り付の為受診します。 …

人工股関節置換術に至るまで ⑥

外科医の秘書から手術についての添付書類が沢山ついたメールが届きます。 術後の感染症を防ぐ為、むし歯や歯根に炎症がないか確認するための歯科医の受診と治療済みの証明書取り付け要 心臓専門医での診察、証明書取り付け要 入院に関する必要書類と、外科医…

人工股関節置換術に至るまで ③

フォンテンブローの岩山登りの後から顕著に痛みが増した股関節、ランオフをしても治りません。 夜寝ている間もずーっと痛いし、階段の上りに足が上がらない。 あ〜あ やっちゃったかな〜 って思いました。 そうこうしているうちに症状はどんどん進み、太腿を…

人工股関節置換術に至るまで ②

夏休みが終った9月からいつもの日常生活が始まり、私のランニングのルーティーンも始まりました。(夏休み中あまり走っていなかったせいか、股関節痛はそれほどでもありません。) そんな時、12月に開催されるサンテリヨン72kに参加するラン友たちに誘われて…

過去の病歴から ②

週末に申し訳ありませんがヘビーな内容が含まれています。 私がランニングを始めた理由であり、人生や考え方をがらっと変えた出来事なので やはり飛ばす訳にはいきません。 その言葉は2010年春に突然やってきました。 「生憎ですが、ガンが見つかりました。…

昨日のウォーキンング

2月の手術直後から、医師と医学療法士より とにかく歩くことがリカバリーを早くすると言われています。 (ただしヘトヘトになるまで歩くなというので調節が難しいのですが 笑) 他には室内バイクと水泳(平泳ぎ除く)でしょうか。 (マラソンカテで毎日こん…