読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

ドキドキの場面に面するときは

 

学年末の試験も終了し、今週からほぼ夏休みに入った大学1年の息子。

試験の結果は、3週間後にネット上で合格の可否を確認すれば良いらしい。

こちらの試験は日本やアメリカの様にマークシートとかではなく、全てずらずらと筆記形式。しかも万年筆使用での筆記が必須だったりする科目もあったり。

(小学校入学時の用意する文房具に万年筆が入っています。鉛筆とか逆になかったり。)

試験は科目ごとに2人の教授が、それぞれ採点するので時間がかかるわけ だそうです。

そして、

長男はこれで9月中旬まで夏休み〜。

高校生の次男も6月初旬で終わり〜。 

そして、私が給食のおばさん化する長〜い夏休みが、またやってくる〜。

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ 

 

感情は、立ち振る舞いに影響を与える。

では、立ち振る舞いは、感情に影響を与えるのか。

人の立ち振る舞いのタイプには大きく別けると2種類ある。

支配者タイプは体を大きくみせるジェスチャーをする。

コブラはエラを広げて威嚇し、鷲は翼を大きくひろげ、ゴリラは立ち上がって胸をたたく。人間もしかり、胸を開いて君臨するように立ち、そして勝者はしばしば両腕を高くあげ、広げるポーズをする。(私:あれ? 今朝どっかでみた)

立ち振る舞いが脳に影響を及ぼす2つのホルモンがあるらしい。

テストステロンとコルチゾール(私:あれ? これも)

一般的に支配者タイプは、常時テストステロンの値が高く、ストレスホルモンのコルチゾールの値が低い傾向にある、被支配者タイプはその逆。

僕が何を言いたいかと言うと、ドキドキするような緊張場面に直面したら、胸をはって、両腕と両足をやや広げたような君臨ポーズで立ってみると、その立ち振る舞いから身体が脳に怖くないぞ という指令を出して、テストステロンがドバッとでて恐怖が治まるんだ。

と、

6月から企業研修をするために、明日初めての面接を受ける長男に一気にまくしたてられたました。

私もドキドキの場面に面したときは試してみよう!

面接ガンバってね。息子!

でも、面接官の前で君臨ポーズはまずいよ。 笑

※ 前記の内容は、息子がフランス語でまくしたてた言葉をそのまま直訳しただけなので、何の根拠もない戯言とご理解ください。

 

ドバドバでてるな!

sphingoid.hatenablog.com

 

sphingoid.hatenablog.com

 

窓際特別捜査員さん いつも内容の濃い記事ありがとうございます!

- リラックスして走ったか。

>これが沁みました

- 単糖(ブドウ糖、果糖)や二糖(麦芽糖、砂糖)には気をつけろ!

>特に果糖が大問題ですが、果糖が少ないフルーツをさがしてみよう。

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

今日は再びジムで自主トレ

バイク 30分

Elliptique 15分日本語でなんていうかわかりません。ノルディックスキーのような動作になる器具です)=ステップマシーン by 窓際特別捜査員さん

 

メモ:それぞれTabataメソッドで、負荷は極軽量。

トレッドミルで走りたかったが、昨日の軽い筋トレが影響してダメな感じ。3歩進んで10歩さがるの毎日。

昨日の筋トレは、自重なので軽めトレーニングと思ってましたが、スーパーでジャガイモ 2.5kgの袋を持った時、現実に気づく。

自重って言ってるけど、この袋 x 2くらい余分に抱えているんだよね〜 去年に比べて 笑

 

がんばろ!

 


  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村