とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

動と静

地下鉄の階段を上がると、そこには突然 別の世界が広がる。

赤いポスト、黒塗りのタクシー、2階建てバス、ビクトリアン調の窓、そしてWhole Foods Market

勢いがあって、活気にあふれ、アクティブな空気が広がる。

(*Whole Foods Market はSFで私が大好きだった米系スーパーです。私的すぎてごめんなさい。笑)

 

パリからユーロスターで2時間ちょっとで到着できる大好きな街。

SFから引っ越し後のホームシック気味の時や、乳がん後に一時期、肉と乳製品を取らないゆるいヴィーガン系になった時とか、いろいろお世話になっている。

(*食文化を大切にする農業大国のフランスでは、当時ベジタリアンヴィーガンって何?の世界だった。今でもその方面では遅れている というか、食に対する基本的な考え方がアングロサクソン系とは違うかな。

あ、今は肉食べないとパワーが出ないので、思いっきり肉食系です。笑)

 

始発安い)に乗ってパリを出れば、まだお店や美術館がオープンする前の早朝にロンドンに着く、コーヒーショップでまずは一服する。

普段は断然コーヒー派の私だが、ロンドンではいつも紅茶。そこに冷たいミルクを入れて飲む。パリでは絶対しないこと。

紅茶に暖めたミルクを入れると味が台無しになると教わった。

出勤前のロンドン人を観察しながら、巨大なマグでゆっくり紅茶を飲んだ後、決めてきた美術館に1つだけ入る。

(ロンドンの国立美術館は基本的に入場料が無料、その代わり寺院/聖堂は有料。パリは美術館は有料、寺院/聖堂は無料と逆です。)

ランチは、Pub飯もいいが、チャイナタウンで飲茶か、インド料理がいいかな。

午後は本屋に寄ったり、街の空気を吸い込み充電しながらブラブラ観察する。

(パリの中華料理は、歴史の関係から必ずベトナム風味が入るので、それはそれで美味しいんですけど、本当の中華を食べたい時には私にはちょっと違う感じ。 ロンドン インド料理最高!)

そして夕方、Whole Foods Marketを角から角までチェックした後、バゲットでないイギリス風のサンドイッチを買って、21時台の列車に飛び乗る。

そして何百年も変わらず美しい 静 の街、パリに戻ってくる。

動と静、マスキュリンとフェミニン このギャップがたまんない。

これが私の大好きな1人日帰り旅行。

(平日を選べば安いときには片道70ユーロ前後で行けます。時差があるので22時台にパリに戻れます。その後ちょっと地下鉄 緊張するけど 笑

 

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

 

今日こちらは、パンタコットの祝日です。

Pentecostes:イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。 (by Wiki

ついてはパリ入りしている義母の再来襲予定。

この前は時間なくて、手間はかからないがコストのかかるものにしちゃったから、今回は作んないとヤバい。(笑)

早めにランしよう。 今朝は、こんなのも食べちゃったし。

 

f:id:tomateo:20170605145913j:image

(「もうパンケーキは結構」とボーイズより拒否された 笑)

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

 

 今日のランニング:5 km

f:id:tomateo:20170605204349j:image 

前から思ってたけど、スピードの割に心拍高すぎ。

その後、昨日と同じWSもどき。

お尻が痛いのと、疲れた感じがしたので100m。10回やったと思ったが1回足りない。電話が入ったりで最後はグダグダ。

 f:id:tomateo:20170605205050j:image

f:id:tomateo:20170605205152j:image

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

 

最近、ご無沙汰しているから、機会をみつけて行ってみよう。 

f:id:tomateo:20170606024846j:plain

               

 

PS:錦織くんのプレーが心配でみてらんない。

 

※ 画像はお借りしました。

広告を非表示にする