とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

ビズ(bisous)  

ほっぺにチューするジェスチャーのビズ(bisous)は、フランスではとにかく頻繁に登場し非常に重きを占める生活習慣の1つです。

f:id:tomateo:20170627190958j:plain

 

文章にまとめられそうにないので、ここからは思い浮かぶがままに羅列します。

  • お互いの頬をあわせて、口先で「チュッ」という音を出す動作で、一般的には唇はほっぺにつきません。
  • 胸は接触せず腰を後ろに引いているので結構 腹筋がいります。 (笑)
  • それはもう、家族の間では必須の儀式で、朝起きてきた時、寝る前、出かける時、帰宅した時とか もう1日に何度も何度も。
  • うちの息子達が小さい時は、寝る前に私がこれを忘れると彼らは眠むれず、ベッドから起き出して催促してきました。
  • 知人同士の間でも、会った時、別れる時、プレゼントもらったらメルシーと言いながらお礼のチュ。
  • そのタイミングもまた難しくて、初めて会った人にいきなりビズもあったり、なかったり。
  • その回数も様々で、パリは両側のほっぺに1回ずつですが、地域によっては2回往復の計4回だったり、スイスの義父宅では3回だったりしてとにかくややこしい。(義父宅はスイスのドイツ圏なのでアングロサクソンですが、ハグではなく、ビズ派。フランス圏とイタリア圏が同じ国内にあるので多分その影響でしょうか。)

f:id:tomateo:20170627045451j:plain

  • 男女、女女の間はもちろん、近しい男性も同士も「チュッ」「チュッ」。
  • 友人達との間でも、ちょっとタイミングのがしたりして忘れたりすると、あっちにやったけど、私にはしなかった、何か問題があんの?と後で問われたり💦
  • 義母、義父とのリレーションシップもこれを忘れたりしたら、嫁として本当に大変。あとを引きます(笑)
  • 主人にも、そういう雰囲気だったのに何故無視したのかとかときどき指摘されたりしますが、生まれ育った習慣でないので、ただ忘れていただけだったりすることが多くて、疲れている時とかにはもう本当に面倒。
  • 特に私はハグから入ったせいか、今だにビズが苦手。(ハグの方が気持ちがこもっている気がするし)
  • 一番の苦手は、唇の湿度の高いおっちゃんから、音だけでなく直接ブチュっとやられること。(やられた途端に倒れそうになります 笑)
  • そしてそういう時は、ほっぺたをすぐに拭きたい感情を抑えて、手はグーの字で我慢しなければなりません。(すぐ拭くと失礼になるの)
  • 風邪引いてる?と思われる時やランニング/トレーニング後の汗だくのサヨナラは、私は断じて拒否し、投げキッスにしていただきます。(笑)

とにかく朝から晩まで ビズ(bisous) ビズ(bisous) ビズ(bisous) ビズ(bisous) 

 

ということを思いながら、私も最近はメッセージや電話の最後に「ビズ(bisous) 」って付けないと、なにか忘れ物をしたような、いたたまれない気分になっていることに気がつきました。そして心から嬉しい時もビズ(bisous) と言いたくなる(したくなる)。

知らない間にすっかり感化されているんだな〜 これが。

 

昨日はバカンスのお土産をうちの姫(義母)から頂き、完ぺきなタイミングでビズのお返しをしました。 疲れる(笑)

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ 

昨日、スマホみながら狭い歩道を歩いていたら、ホームレスの人がお金を請うカップを歩道の真ん中に置いていたので、避けようとしたら(以前にそれに気づかず蹴っ飛ばしてしまい申し訳ないことしたことがある)、縁に行き過ぎて歩道の段差を踏み外して転倒〜。踏みとどまれなかったのはサンダルだったこともある〜。踏み外した足首が一瞬グニャリとなったが無事〜。

思わずスマホを持った手を上げて滑り込みのポーズで着地。スマホ  セーフ! あっ 忘れてた股関節!と思って座って確認したら大丈夫だった。(ホッ)

転び方が派手だったらしく、しかも身体半分が溝にハマっていたので、近くのレストランのお兄さんが出てきて手を引っ張って立ち上がらせてくれたが、肘と膝を擦りむいた〜。 

ちょっと気を抜くとこれだよ〜。 ┐(´д`)┌ しかも夏なのに〜。

 

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ 

朝ラン:30分 + Pose Stance   なぜか前回から走っている途中左足の甲が痛くなる。

午後は筋トレ予定

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ 

 

こんなの出てるらしいです〜。どっちもリッチだから広告がデカい。

 f:id:tomateo:20170627044829j:image

 さすがエルメス、色がカワイイ。

一体おいくらかしら?と調べてみたら1300〜1700ユーロ〜 💧

 

ファッションウィーク(いわゆるパリコレ)で世界各国からのファッションピーポーで街角がにぎわってます。

モデル(?)のローラさんとかいう方とすれ違ったような〜? 良く知らないけど日本人の観光客の方がざわついてました。

 

 

ハッピー イード!

天国の扉が開かれる聖なる月のラマダンも終わり、彼らは現在断食明けのイードのお祭り中。

https://ja.wikipedia.org/wiki/イド・アル=フィトル

キリスト教に例えるとクリスマスくらいの重要なお祭りらしく、何となくパリの街の空気も和んだ気がします。

ランツアーでもアミちゃん走りながら美味しそうに水を飲んでました。

周りにアミちゃん系の方がいたら「 Happy Eid!」と伝えたらすごく喜ばれる思いますよ。(いないか 笑)

 

先のランツアーでは10km + ホテルまでの往復4kmをジョグり、ダメージはどのくらいかとドキドキしていましたが特に大きな問題はないみたいです。

でもやっぱり顕著に脹脛がパンパンで、軸がずれた走りをしていたようです。

(あ、思い切った写真用 大ジャンプ数回のせいではないと思います 笑)

ずっとアスファルトだしと思い、履き慣れたHokaで行ったのですが、左親指側面にマメもできてるし。(こっちが外反母趾気味なせいかマメができるのはいつもココ)

記録を見てみると移動中の平均速度が6min /kmですからちょっと私には速すぎたかな。

歩幅を小さくして身体の下に着地するようにすることは気をつけましたが、平均Cadenceはやっぱり175 ppm(´ω`)・・

 

それにしてもカスタマーその1のSさんは初対面からおおいに気があいました。

・シカゴ生まれ

・年齢は40代後半(私より6歳若い)

・今回、色々あって家のことは旦那に丸投げで女友達とパリでバケーション中(でも私はレズビアンではないのよ と自動的に付け足したのが面白かった)

・マラソンのPBは4時間17分(私より10分早い)

・うちと同じ歳くらいの息子2人がいる

・観察してみると結構私と走り方が似ている

・お尻の筋肉が私より多少しっかりしているせいか登りが強い(っていうか私が圧倒的に登りに弱いんですけど)

 

シャバティーの走りは相変わらず小股で軽やか。

アミちゃんは大柄なので並走するとノッしノッしという感じだけど音がしない。

 

昨日のエッフェル塔前の4人の写真を見てて思ったのですが、脹脛のサイズと筋肉のつき方が男子と違う。

f:id:tomateo:20170626155222j:plain

Sさんと私は太さが同じくらいで、筋肉がついてる場所も同じ(下の方)だけど、サブ3とサブ3.15の両端の男子2名の方が細いくて上の方に筋肉がついている。

何なんですかね〜。 足みると私たちの方が強そうなのに。(笑)

 

そして、カスタマー 2人はランツアー同日の夜、エッフェル塔を階段ランで登頂すると言ってました。(誘われましたが丁寧にお断りしました 笑)

そして彼女達、10月には、1日目 5k、2日目 10k、3日目 ハーフ、4日目マラソン を走るという4日間累計 78kmのウルトラレースというのに一緒に参加するそうで張り切ってました。踏破した距離が何かのチャリティーになるようで、色々なレースがあるもんですねぇ。 

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

 

今日はローランギャロスナダル優勝以来、夏のバカンスに出ていた義母(私は心の中で「姫」と呼んでいます)が昨夜パリに到着。そしてタイミング良く今日は彼女の誕生日 (^m^ ) 

(7月1日から8月終わりまで本格的な夏休みが始まると、ヨーロッパ中が大移動となるので、リタイア組は先の6月に静かで割安なバカンスを楽しむことが多いです)

 

「姫」の誕生日の用意で、朝から歩数を踏んでいるのでランはお休み。

金は多少かかるが手間がかからない物にする予定。(笑) 

 

 f:id:tomateo:20170626165026j:image

マルシェは桃とアプリコットの季節になってきました。 (゚∀゚*)ウマー

 

 

 

おさそい

昨日の夜にラン友シャバティーからSMS

シャバ:明日朝一緒に走らない? 10kmくらいだから。

私:今フォーム改造中で5kmくらいしか走らないの。増してやあなたと一緒はムリ。

よっぽど遅く走ってくれたって5分30分/kmくらいでしょ。

シャバ:っていうか助けてくんない? アミ(マリ共和国出身)と僕を

私:え?

シャバ:アミがバイトでランツアーのガイドしてるの知ってる?

私:聞いてたけど。

シャバ:明日のお客さんがアメリカ人なのさ。ほらアミは英語ダメだし、僕はレストラン関係の英語はできるけど他は難しい、歴史的建造物を回るランツアーだから色々説明しないといけないの。

私:建築物や場所の名前はわかっても、細かい歴史は知らないわよ〜。

シャバ:後でアンチョッコ送るからさ〜。頼めるのは〇〇コしかいないの。

私:えええ〜 だってツアーは明日でしょ〜。しかもツアー会社の方は了解しているの?その事実。

シャバ:大丈夫、会社の責任者はアミの彼女でブラジル人だから緩いの、〇〇コも知ってるアンちゃんだよ。彼女は生憎帰国中なのさ。

私:えええ〜!!! 今回の臨時ガイドのおさそいも驚いたけど、そっちの方が驚いた。アンちゃん × アミちゃん!!  だってアンちゃん キリスト教徒じゃん💧(ブラジルだから多分敬虔な)

 

ってことで、なんだかわかりませんが突然助っ人となり、10kmツアーガイドしてきました。

朝7時からのツアーで、ピックアップ先のホテルに行ってみると、コースを把握しているアミちゃん、何故だかシャバティーも(あんたはいらんでしょ 笑)、そして人工股関節の私 と訳の分からない組み合わせの不思議なRun ガイド3名。

お客さんはアメリカ人女性二人。(心配しましたが、こっちも西海岸からきていて、ぶっ飛んでる感じで、話があって助かりました)

それにしても、客よりガイドの数が多くて採算取れないじゃんよ〜。

あ〜 こんなもんですよ本当に フランスって。(笑笑)

 

もちろんお客さんは大満足でしたよ。

動物的とはいいながらもナイト2人が同行だし、それに加えて色んな意味で安心感をあたえる私がいますから。(笑)

私の方も、もしお客さんがバリバリのランナーだったら、ちょっと自分がついて行けるか心配だったけど、10kmといっても各所で写真を撮ってあげながら休み休みですから大丈夫でした。

歴史の説明は、あんちょこなんて一晩で覚えられないし、間違えるよりましかと思い、もう各所で携帯でWiki英語版を読んで補うという手法で💦

本当に便利な世の中になりましたね〜。

 

あ〜 それにしてもアミ&アンちゃんカップルの行く末が気になるわ〜。

一体どうやってこの大問題を乗り越えられるのかしら‥‥‥。

パリ ジュ テーム(Paris, je t'aime

愛に壁はないのね〜。

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

 

お客さんよりガイドの数が多い💧

 f:id:tomateo:20170625204916j:plain

カスタマーに勧められて調子にのる臨時ガイド

f:id:tomateo:20170625205023j:plain

3人まとめてやっと一人前のガイド衆

 f:id:tomateo:20170625204103j:plain

 

術後初めて10km走りました。(止まり止まりだけど)。

最後の3kmくらいは休憩なしで、

セーヌ川沿いを一直線に戻りだったからちょっと辛かったけど

あ〜 楽しかった ♡   これですよね走る楽しさって。

 

媚薬でなくて美薬

いつもの薬局にいつもの薬を買いに行ったら、オーナーのおばさんにサプリメントを勧められました。 

彼女は私の全ての既往歴と飲んでいる薬を知っています。

最近また走り出したのね〜 日焼けしてるもん(笑)

運動沢山する人は身体が酸化するからこれいいよ、抗酸化作用が絶大ですよ〜。

私は全然知りませんでしたが「レスベラトロール(Resveratrol)」

パリのマダムに人気らしいです。 f:id:tomateo:20170624182337j:image

レスベラトロール - Wikipedia

 

半分売り込みなのはわかってますが、いつもお世話になっているし、色々配慮してくれるし、彼女も薬剤師だし、第一興味あるし(笑)‥‥ で買いました。

家に帰ってググってみると効能は中々いい感じじゃないですか。

折角フランスなんだから植物より、レーズンから採取できるものが良かったかなと思いながらも、とりあえず数ヶ月飲んでみましょう。

お肌どうなるかしらん 楽しみ(笑)

お肌以外にも色々効能があって、おばさんさすが私のいろいろ把握しているわ。

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞  

 

今年の夏は、例年に増して腕の下のぷるぷる感が大きいような。orz

走る距離が短くて腕を振る頻度が少ないせいか、加齢のせいか。

コレ、女性に圧倒的に多くて、なんか不平等を感じます。

筋トレのメニューに腕の裏側も加えないとダメだわ。(どんどんタスクが増える〜)

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞  

早朝のセーヌ川でまたなんかやってました。🏄 

サーフィンやってる所は今まで見たことない。

f:id:tomateo:20170624182100j:image

f:id:tomateo:20170624182106j:image

 

夏至も過ぎたし、もうそろそろ長い夏休みの計画立てないとー。

 

1年待って

昨日の午後はスポーツドクター Dr. Bの診察に行ってきました。

最近ネット上の予約状況が混み合っていると思って聞いてみたら、パリのサッカーチームPSGからコンタクトがあり、B軍のチームドクターになったらしいです。

週の半分はサッカーチームのある郊外のサッカー場でお仕事。ご出世は非常に嬉しいですが、忙しすぎてクリニックを閉めることになることだけはなんないでよ〜 と願うばかりです。 本当にお願いしますね Dr. B。

次に診察の内容です。

 ・足の長さ

寝転がって骨盤、両足の位置を正してもらい、簡単な物差しのようなもので測ってもらう。やや長いに違いないが、インソール不要の許容範囲内の1cm以内であることは確か。7〜8mmくらいか。

次に、直立で腰の水平度を見たところ、8mmくらい差があると通常は腰のバランスも崩れるが、私の場合崩れているようには見えないので不思議との見解。

ついては、特別なレントゲンで精密に測ってみることになり、検査の処方箋受理。

・Overpronationについて

右が顕著だが、左も多少兆候あり。

現状では両方ともにランニングに許容範囲ではないかと思われるとの見解。

 ・シューズについて

ゼロドロップを開始したことは非常に喜んでくれました。ただし足の長さが急に変わった術後にメーカーを変えるのはどうかと思う。もう少し落ち着くまで(後半年とか?)慣れたメーカーのシューズで同じタイプを使用した方が無難かもしれないが、とりあえずレントゲン検査の結果を待って考えましょうとのこと。

 ・ランについて

毎日5kmまたは30分程度のトレーニングをするのは非常に良いと思うが、体の疲れ具合をよく見るように。 そうはいっても自身でわかんなくなることも多いので、(あなたの場合特に 笑)6〜7/週のランを、ラン5日+残の2日をバイクか水泳に変えてはどうか。

Dr. B 自身トライアスリートなのでいつも水泳とバイクめちゃくちゃ勧められます。でもそうなると水泳はクロールでしょ〜 苦手なのよねー。クロール泳ぎのレッスンでも受けようかな。

・最大の関心 レース参加について

素晴らしい笑顔で「既に現在までのプログレッションは素晴らしいよ。ここは焦ってもしょうがない。手術をした股関節のみでなく、まわりの筋肉や膝 / 足首などの関節も休眠状態だったのだから気を使ってあげないといけません。 本格的なレースは手術から1年は待ちましょう」とのこと。(´-`;)トホホ

突き詰めて聞いてみると、

「10km程度なら来年早々なら状況次第で大丈夫かも」

「ハーフ以上はじっくりトレーニングして1年待ちましょう、来年4月初旬のパリマラソンは結構厳しいと思うが、う〜んまだ回答できない」とのことでした。

 

あわよくば10月とかのNike Pairs 10kmレースとかに参加可能したいな〜 なんて期待してましたが、ムリであることが今日はっきりしました〜。(´-`;)トホホ

 

ということで、

ランの方は、当分は5kmまたは30分程度の地道なトレーニングになるので、ブログでランニング日誌も書くことないと思いますし‥‥

股関節の経過についても次回は10年後の診察ですし‥‥

私のこのブログ、タイトルのようなラン × 股関節ブログではなく、ただのパリ便りになってしまいます。 

そうなるとそのうちネタ切れでフェードアウトする可能性が高くなってきました〜。 サヨナラ~~(笑)

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

 

この猛暑で毎日食べてたサラダにも飽きたし、キッチンでの煮炊きを最小限に抑えたサラッと食べれる爽やかな食べ物で、思いついたのが冷やし中華(ぴったし!)

右岸のオペラ街に行けば日本やアジア食品店が充実していますが、こちら左岸のうちの辺りは2件ほどあるチャイニーズの食品店のみで探すこととなります。

さっそく「中華三昧」系の美味しいインスタント冷やし中華を期待してチャイニーズストアへ。

2件回るが、ない ナイ 無い‥‥(-_-;)

(もう頭の中が冷やし中華なので他のものは考えられない 笑)

そこでこんな物みつけた。ちょっと謎系。

 f:id:tomateo:20170623044022j:image

「日本産」(本当かな〜?)なのにカリフォルニア経由でパリにきてるー。 

随分遠回りしてきたのね。

 f:id:tomateo:20170623044027j:image

 

そしてレジで、チャイニーズのおじさんより聞かれます

「こんな猛暑にラーメン?」

「いやいや 冷やし中華で食べます」

「夏でも冷たいスープは体に良くない、お腹痛くなるから」と、中国三千年の味を基にこんこんとやめるように説得されました。(早く帰りたいのに〜 笑)

スープというよりタレなんですけど、スープであっても、暑い日には冷たくて美味しいじゃないですかねぇ。

チャイニーズの方達は、夏でも冷たいスープは食べないこと初めて知りました。

 

大雑把まるだしの創作冷やし中華 (笑)

 f:id:tomateo:20170623145556j:image

 

毎日いろんなニュースが入ってきますが今日はちょっとキツイです。

こんな時はランニング!

やっと気温下がった! 最高26度 ちょっと寒い (笑)

 

 

まだ希望あり

昨日Fête de la Musiqueにより、いつもの終業時間より早目に解放された研修中の長男が、帰宅後「ちょっとだけ軽く走ろうかな〜」と振ってくる。

ああ、確かに研修が始まって2週間、全然運動していないもんね。

ストレス溜まってるでしょうよ。

お得意の水泳でプールでスッキリの方がいいんでないの?と水を向けながらもFête de la Musiqueだからどのプールももう閉まってるか〜。 

18時、33度のまだまだ暑いさなかにしょうがないな〜と思いながら、「私は、今日は避暑地のジムで縄跳びガンガンやったから、相当ゆっくりのリズムでしか走れないよ」と前置きしてお誘いに応じる。

(昨日のジムの後、避暑には冷房のきいたお店のショッピングしかない!と出かけたスポーツ店でプリセールが始まっていた。Altraの2足目 One 2.5 をゲット  148g なり を早速試してみたかったこともある。)

 

公園の入り口でこんなの見かけていきなりビビる。(笑)

f:id:tomateo:20170622141526j:image

イリーガルの路上お土産売りのお兄さん。幸い寝ていらしただけでした (^_^;)

それにしても大胆なポーズ。お国ではこんなんが普通なんでしょう。

ラマダンも熱波も もうすぐ終わりだよ〜 。

 

そしてランの方は、案の定ちゃんと走れたのは1kmだけ、あとは息子と別れて木陰でドリルでもすることに。

走って戻ってくる途中の息子を見ていて、彼も何だか全然ダメなフォームな感じ。(人の欠点は目に付くようになってきた 笑)

お互いの走る動画を撮って あーだこーだ と話しながら帰る。

 

そして夕食をさっさと済ませ、目的のものに行ってきました。

暑いのでサンダルと思ったが、もしやの時に備えて思いっきり走って逃げれるランパン&ランシューでいくことに。(笑)

f:id:tomateo:20170622142555j:image

f:id:tomateo:20170622142604j:image 

 f:id:tomateo:20170622142634j:image

f:id:tomateo:20170622142708j:image

 f:id:tomateo:20170622142740j:image

 f:id:tomateo:20170622142755j:image

ポリスも和みムード

f:id:tomateo:20170622142843j:image

そろそろ夜10時

 f:id:tomateo:20170622142917j:image

 f:id:tomateo:20170622142721j:image

うちの近くはこんな感じのグループが多かったですが、オペラ座近辺とか行けばもっとクラッシックな方達かと思います。地区によりパフォーマーの種類も異なります。

厳しいグループもありましたが、まあ何と言っても実際に演奏している本人達が一番気持ち良さそうだったかな〜。(笑)

 

フランスもまだまだ捨てたもんじゃない感じです。

 

f:id:tomateo:20170622143003j:image

壁にいたずらされてたgraffiti(っていうかこの場合、Tag っていうのかしら?)

中々よかったです。

 

Fête de la Musique

26日までの聖なる月も終盤に入り、猛暑警報も加わって、打ち上げのクライマックスはありませんようにとちょっと心配になりますが、今日はこちらはFête de la Musique(音楽祭  フェット・ド・ラ・ミュージック)!

毎年夏至の今日 6月21日は、フランス全土で音楽祭が開かれます。

日が最も長くなる夏至の夜長を音楽で楽しもう!という一般市民用のイベントです。

マチュアからプロまでどこで何を演奏しても構いません。

普段ストリートパフォーマンスは結構厳しく取り締まられているパリ、路上やメトロの駅構内でのパフォーマンスも許可書を持ってないと巡回している警察に撤退を言い渡されます。許可書取得のためには、該当当局のテストがあるらしいので、ストリートパフォーマンスもパリは結構レベル高いらしいです。(笑)

 

Fête de la Musique の今日はそんな許可書は全く不要。人前で何かできる度胸さえあれば、くそみそ誰でもパフォームできます。レストラン、カフェ等はもちろん生バンドの演奏があり、通りや広場の角々では、年齢を問わず個人やグループが勝手に音楽系パフォーマンスを披露します。

例えば私が三味線とかもって、突然家の前の路上で歌い出しても誰からも怒られないってこと、それがどんなに下手くそであっても今日は笑って見逃してくれるってことです。(三味線も歌もやらないですけど 笑)

庭園から美術館、お城や劇場などでも、あちらこちらで殆ど無料で色々な音楽系のイベントが開催されるので、皆さん明け方までコンサートの「はしご」して楽しみます。

ジャンルも、クラシック、ジャズからレゲエやソウルまで もう何でもあり。

毎年この日がくると本当に夏がやってきたという気分です。

昨今の状況から もしや中止になるかと思いましたが、今年も通常通り開催されるらしいです。(偉い! 警察や軍隊の皆様お疲れさま!)

ランナーの端くれなら、マラニックならぬマラ×ミュージックで、明け方までコンサートのはしごをして走るっていうのもいいかもですね。

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

家の中もだんだん暑くなって耐えられなくなってきたので、

今日もこれからクーラー求めてジムへ避難に行きまーす。

 f:id:tomateo:20170621184912j:image

 みんな同じみたい。