とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

テオくん CAへ

ついに次男も行ってしまいました onz

私は昨日の土曜に臨時出勤になりパニクったけどなんとか送り出した。

f:id:tomateo:20230116022337j:image

乗り換えがあるから到着までに結構時間がかかる、待ちながらブログ更新することに。

留学先は当初USAシスターの1人と もっちゃんw が近くにいるワシントン州立大学が第一希望でしたが、成績が0.5ポイントたらずアクセプトされませんでしたので第二希望の南CA。

まぁそれはそれで穏やかな気候とでっかいビーチの近くで毎日でゆるんと楽しそうじゃんね。長男のいるTXよりは楽しめるはずw。

私はボーイズがいなくなり腑抜け状態になっていますけど、2人が完全に旅立つ日の練習というか、子離れのいい練習になりそう。あとは中高年夫婦の関係がどうなっていくかにちょっと興味あり(笑) 

夫はちょっと前から「動物がかわいそうだ」という理由でベジタリアン宣言。ベジの人になるのは構いませんけど、ほとんど毎回別の食事もを用意しなければいけないことになる私の手間より、なぬ?動物かい?ってことで💢💢となってたが、私は肉を諦める予定はないので、2人になったこれからはそれぞれが食べたいものを調達して、勝手にそれぞれが用意するという完全ルームメイト宣言をしてみましたww(ツメタイ)

 

私のこの虚無感はランニングと仕事で埋めようと計画中(あー ランニングあってよかったw)

それで登録済の3月初旬のSemi Marathon de Parisに向けて、現在のとんでもなく遅いスピードを少しでもあげたいと足掻くことにした。

空港見送りのあと、いつも週末にやっているロング系の約20kmはとりあえず置いといて、手始めに「15kmを7分で」を目標にしてみた。

f:id:tomateo:20230116022235j:image

「たぶん難しいわね」・・と思ったけど。

あれ?できてたw

 

そうそう、突然2024年のパリオリンピックの話になりますが、一般市民も2万人ほど選手と一緒に参加できるマラソンコース。正式なコースが発表されてて最初はパリマラソンと同じコースと思っていたけど、違ってました。

f:id:tomateo:20230116022518j:image

なんと、あの強烈な坂があるパリ〜ベルサイユ16kのレースコースがほとんどw。

なんでもこのオリンピック、全ての競技に何かしらのテーマがついているようで、マラソンにおいては、1789年のフランス革命時に女性のみのグループがパリ市長舎前からデモ行進してベルサイユに隠れていたルイ16世をパリのルーブル宮殿前のチュイルリー公園まで連れ戻したというルート?に由来しているそうだ。

パリ市内は素晴らしいモニュメントスポットを通過するけど、郊外のベルサイユ間の森まで(私が前にいつも行ってたところ辺り)の往復、あれはキッついと思う。

「なにこれ、トレイルマラソン??」って感じww

 

ルートビデオ。

画面の下の方に高低差みてると、うっグググってなるから見てみてー 

 www.facebook.com

 

 

と書いてたら、長男からライン

f:id:tomateo:20230116022321j:image

「今日はマラソンでさ、フルとハーフを一緒に開催なんだけど、自宅前がハーフのコースになってたよー。」

 

で、気がついた。

これからのパリ、テキサス(-7h)、カリフォルニア(-9h)の、3地点同時のビデオ会談は結構難しいことになるねぇ・・・

 

次男、出発が遅れたけど、余裕のない乗り継ぎ時間中に、入国審査とカスタム通過 → 荷物ピックアップ → 乗り継ぎ便に乗せる・・無事できるんだろうか?と要らぬ心配は続くが、私らの時代とは違ってインターネットと携帯があるから全然余裕だよね。

そんなのがなかった私の時代は、SF空港からダウンタウンの安ホテルに到着して、翌日でっかいスーツケース引きずって地下鉄に乗り、郊外の丘の上にある大学寮まで・・どうやってたどり着いたのか思い出せないw

えらかったな〜 私。

 

あれっ 今年って?と ガーミンペアリング問題があった

f:id:tomateo:20230101232203j:image

明けましておめでとうございます。

あらまっ、今年はわたくし 年女 だったんだってことに、年末に言われて気がついた。

おおおぉー🌟って感じ。

でも59になったばかりなのになんだか早速 還暦 になった気分でちょっと落ちたw。

 

新年に去年のことを話したらいけないのかもしれないけど、またこれもなかなかないでしょー パート2

TXから帰宅した長男、その2日後に陽性発覚ww 運んできてくれたの、TXから・・ハァ

アレっ?デジャブー? 前年のクリスマスから年末の日々が甦る・・onz

症状は疲労感と喉痛のみ、熱とか咳とかはなし。かかりつけの一般医の診断名はアンギナ扁桃腺炎で抗生物質処方。「ついでにやっといて」と言われた薬局の抗原検査はポジティブ、加えて再確認のラボでのPCR検査もポジティブで、本人も家族もびっくり。義母は2年連続クリスマスディナーが直前キャンセルになりがっかりで申し訳なかったけど致し方なし。

頭の中でアップデートされてなかった今の規制を調べてみたら、ワクチン3回してたらPCR検査なしで飛行機にも乗れるし、仕事の方も世間の間では陽性でも普通に出勤可能な感じで、一応マスクしときましょうねー くらいか?ってなことで、家内でも本人以外はマスクなしで生活してました。流石に予定していた うなぎと寿司のレストランはテイクアウトで自重しましたけどw

数日後には夫が感染(夫は去年よりやや重症)、次男はセーフ、私も重い腰をあげて結構覚悟して検査したけどなぜか陰性。

そして大晦日に2度目の検査、長男は陰性に、夫はまだ陽性w、私も次男も陰性のまま。

今年は部屋も別にせず同じ寝室、私はマスクせず、なんでしたけどほんとに不思議、Covidについては徹底的に強いみたい、甘くみてたらだめだけどありがたいことです。

おかげでわたくし、年末あっちこっちと食材調達やらなんやらでめちゃくちゃ忙しかったですw。

          

それから長男へ「これだ!」と思って送ったクリスマスプレゼント。

これがまたトラブって全然ペアリングしないんです。フランスでもともと持っていた携帯もTXの会社から支給されたのも、ぐるぐるぐるぐる回るだけでぜんぜん。

モデルはiPhone XRと12

まる2日間家族で格闘したあと、🎄明けにGarmin FRに連絡、一応一般的な指示にしたがって30分以上調節するも全然だめ。

G FR:最終的にBluetoothでつながらなくても、毎回PCにつなげればデータ移行できます。

>そんなのありえんわ。

G:なら返金または変更いたします(とか言う)

>ちなみに私の古い携帯にはさっさと繋がるんだから破損品ではないのは確かでしょ?

G :原因を調べましてメールで返信いたします。おそらく1週間くらいかかると思われます・・・

>(でた、1週間w 全然ダメやん、G FR)

長男: 忘れてた、ここはフランスだったw

 

でネットで調べまくって最終的にわかったのがこちら(ちゃんとトラブルシューティングにあるじゃん、全然ダメやん!G FR 私らもだけどw)

https://support.garmin.com/ja-JP/?faq=0pK6MvZfIL0F9nvSHJ7Jg8

スマートフォンの地域設定とConnectアカウントの地域設定の両方が使用したい国 になっていることを確認したのち、必要に応じて言語設定を変更します」

スマホの地域設定まではすぐ思いついたけど、ガーミンコネクトの地域設定は気が付かなかったです。

(長男のガーミンコネクトの地域設定はなぜか日本、もう一つはUSAになってたので同期不可だったらしい)

てな訳で地域設定をフランスに変更したらすぐペアリングもできたし・・・

そろそろ動かんといかんだろう・・で、初走り🏃

2023年、初ランニング中の会話

私:ちょっと英語しゃべってみ?

長男:euuuh... EnglishEnglishEnglish・・・

私:「うー」から始まっていうのがもうすでにw、で、やっぱり思った通り仏+TXのアクセントだねww

長男:知ってる?USAではフランス語なまりで英語をはなすと、よりモテるんよ!

だからわざとやってるのw

次男:ふむふむ・・・w

            🎍

年末年始からボーイズのリクエストに答えすぎたため食べ過ぎ注意報。

ちょっと体をひねると脇腹から油とバターが滲み出てきそうですw

明日は長男を早朝に空港で見送って、私はアトリエへ直行だー。

f:id:tomateo:20230101224905j:image

 

🐰  2023年 いい年になりますように!🐰

Bonne Année 2023 

 

 

 

ここ4ヶ月の近況 😎

ご無沙汰してます。

いきなり始めさせていただきますが、久々なので長いです。

 

à propos de イベント事

11月、無事50代最終年齢に到達しました。両親が亡くなった年齢にどんどん近くなっているかと思うとなんだか不思議な気持ちです。

その誕生日に驚きの出来事がw。なかなかないでございますよ、これは・・・

それはたまたま日曜日。パリのディナー時間はテキサスのランチ時間。長男もビデオで参加し、ディナーの支度をしながらワイワイとしてたところに、ハッシュブラウン担当の夫がじゃがいものスライスでシャカシャカと調子に乗っている音が背中から聞こえ「それ切れるから気をつけてー」って言った途端に「あっ」(日本製のキャベツ半分サイズでもスライスできる素晴らしいやつですわ)

私:ひゃー 親指の先端がなくなってるじゃん。それは救急もんじゃん? 🥶

夫:だ、大丈夫だから・・・

私:出血ひどすぎじゃん?(じゃがいもの中に、肉片が・・アハハ💧)

夫:今 COVID患者も多いし、日曜日の夜に救急行ったら終わりだから・・・

次男:ネットでみたら、病院行くかどうかの目安は傷の大きさ(深さ)が8ミリ、大量出血が15分たっても止まらない状態らしい。15分たってるじゃん。

夫:なくなったのは先6ミリくらいかw、出血は、うん、ぜんぜん止まってません。

(さっさと救急車に相談した)次男:切れた先をラップで包んで冷やして救急外来に行くよう言われたので準備完了。指専門がある救急はXX病院だとさ。Uber呼んどきました。行くぜ。

(えっ 肉片拾ったの?💧 あら?次男いつのまにこんなにたくましくになってた)

画面上の長男も事の次第に固まりながら、私はお留守番して経過を待つことに。

お腹すいたけど、ディナーの前菜だったひき肉のテリーヌも、肉片の入ってたじゃがいもも食べれんわw

冷凍のご飯チンしてインスタントの味噌汁作って、あちらでラビオリを食べる長男と久しぶりの色々トーク

長男:アメリカ人は朝定時にきて4時に帰るぜ、金曜なんて絶対テレワーク。有給はあっても休暇は長く取りにくく、最長2週間な感じだから、毎日や週末のプライベートな時間をより大切にする感じ。フランス人は早朝から来て結構夜も遅くまで、休み以外は結構集中して働くけど夏と冬のバカンスは長くとる。そのどっちでもない日本はやっぱ一番厳しいだろw・・とか

私:ガーミンみてるけどなんで毎回5kなん?

f:id:tomateo:20221211171548j:image

長男:(ママのお古だから)直前まで充電してもバッテリーが毎回5kで切れるようになったから

>なるほどw。しかしそちらは暖かくていいねー

>暑いよ、今日の最高予想は26度だよ、でも湿度がすごいよw日本の夏と同じ。

>そちらのランナーはシューズはみんなどんなメーカー履いているの?

>HOKA か Onだよ、ナイキはなぜか履いている人みたことないw

>あら、お母さんの今年のチョイスと同じw

 

その間にも次男から続々と経過報告が長男に、それを長男が読み上げるわけですよw

- 救急についた。20人ほどいるぞ。

- 幸いすぐに看護婦さんに呼ばれて傷の状態を確認されている。

- アレ?手術着きてでてきた。指なのにガウンの下は裸の模様。パンツと靴は履いているぞ。後ろが半ケツに・・w

- どうやら手術をする可能性があるから服を脱いで術着に着替えて待合室で待つよう言われたらしい。「指なのに服を脱ぐのか、待合室でまつのに術着に着替えたら意味ない」と本人は抵抗したらしいが聞き入れてもらえなかったらしい。

- コートはかけてあげたが本人 相当撃沈しているぞ、そっちから激励のメッセージ送れ・・・

なんて、どんどん説明してくれるから、悪いと思いながらも噴き出してしまった。(ゴメン)

そうなんですいつも肝心な時にやらかすんです。

そんなんで稀に見る散々な誕生日だったけど、長男とダラダラと2時間以上もお話しできて、それはそれでよかったw。病院組は19時頃に家をでて帰ってきたのは23時すぎでしたw

(まるで漫画にでてくるような包帯にまた吹いたw)

 

à propos de 乳ガン

これ以上飲み続けると今度は子宮がんの可能性が上がるって言うんで、10年以上飲んだ薬をやめて半年。ルーティンのチェックアップは2個気になるものがあるけどマーカー値も低く無事スルー。

まぁマーカーで高値だと もう相当ということだと思うんですけど、同じ年の日本のお友達とオーストラリアのキティちゃん、厳しく戦って落ち着いていた2人、特別体調に変わったことはなかったのに最近のチェックアップで肺と骨に転移が見つかり、2人とも「もう辛い治療は嫌だ、それで半年生き延びるより普通に生活したい」という。わかる、多分私もそうするし、もう「頑張れ」なんて軽い言葉はかけられない。そしてどれだけ自分がラッキーだかと再び考えさせられる日が続いた。キティちゃんについては来春3年ぶりにパリに来る予定を立ててくれて、ボーイズもいなくて時間あるからゆっくり話そうねと計画したばかりだったのに・・・

毎日無事にこうやって普通に生活ができるだけで儲けもんかと・・・ホントに。

 

à propos de ボーイズ

次男がUSA準備を着々と進める。今回は長男の時とは違いアメ大の留学ビザ取得の面接ランデブーもすんなり連絡がきて無事終了。もうすぐあーたも行っちゃうのね・・ウウウッ

今年は長男なしのクリスマスだねぇ・・と思っていたけど、「仏人上司が全部クリスマス休暇で帰仏するからさー、僕も帰っていいって言われたよ〜」

ワォ💕

てなわけで、テキサスで研修中のトマくんがクリスマスバカンスでさっき帰ってきただよ。

 

à propos de ランニング

夏休みに全然走らなかったのがよかったのか、一度は覚悟したもう片方の股関節はいい感じ。季節的労働者だった頃とは違い、なぜか猛烈に毎日仕事が忙しいので、ウィークデーに なんとか一回日没と競争しながらショートジョグ、週末に私目線のロング系と速い系とで週に3回走るのが限界。この状態が逆に股関節には功を奏しているのかもしれない。身体って不思議だ。

時々腰痛がありますけど、それは週一のジムトレで、腹筋とポスチャーの補強で大事に至らず。

とりあえずハーフは完走できるまでになったので3月のSemi Marathon de Parisに登録。

4月のフルマラソンは、仕事の繁盛期と重なるのは必須で、週3回のトレーニングではまたこの前の6時間越えの結果の二の舞だと思うので考え中。

f:id:tomateo:20221211165200j:imagef:id:tomateo:20221211165204j:imagef:id:tomateo:20221222041127j:image

ここ最近のハイライト ↓

おはずかしながらラン友なしで1人で30kできたことなかったので とても嬉しかったん。週末の持久走は このくらいのスピードだと本当に疲れがこず、私にピッタリかと。

f:id:tomateo:20221219013841j:image

そして翌日。 2日でフルマラソン 

f:id:tomateo:20221219014009j:image

疲れはでない とはいいましても、お年頃だし、約3ヶ月間 週イチのロングを続けてきて、脚にも疲れが溜まっているかと思うので(なんとなく術脚の膝が最近ランナーズニー気味で、これは初めての症状)長男のパリ滞在と共にすっぱりお休みすることにした。

アトリエも2週間のバカンスなので、今日でランニングもジムも一旦おしまい。

クリスマスから年末は、ダラダラして、食べて、タイ式マッサージに行ったりしてw、再びダラダラする予定 ダス。

今日は長々とお付き合いありがとうございました。

 

それでは みなさま〜 

Joyeux Noël 🎄  et  良い年末 をお迎えください。

f:id:tomateo:20221217150832j:image

                                               〇〇コ  ヲ  サガセ!

 

 

 

夏 & トマス in Texas

今日は夜更かししないといけない理由があり、眠気と闘うために久々に書くことにした。

まずは夏休み、出かける直前まではストレス100パーだったけど、振り返ってみれば今年は3年ぶりに夏を満喫できた。

ただ走ることに関しては、走った?と言えるのはこの時くらい(いやこれも歩きがほとんど)

f:id:tomateo:20220904205229j:imagef:id:tomateo:20220904205226j:image

2019年の東京マラソンに出た時くらいに比べて、走力は(というほどのものではないけど)80%減くらいになったようで、いやはや落ちるのは速いものです。全然前に進みませんでした。 また精進しなきゃと思ったが、なんだろ?走る楽しさを忘れてしまったのか、どうせ頑張ってももともと走るセンスがないからただ落ちていくだけだろ・・と思い始めているところ(なんか別の楽しいこと探さなきゃ)

 

夏の終わりといえばUTMB

去年もコロナの中で一応開催されたわけですけど、今年はキリアンとかの大物が戻ってくるから面白いレースになる・・と出場権のあるアントワンも楽しみにしてた。

アントワンはというと、結果的には予想より数時間かかってしまったようですが、コロナの最初の年に生まれた息子さん2歳と一緒にゴールしたことがとても嬉しかったようです。

翌の月曜日に嬉しそうに結果と動画が届きました。

彼の分析によると、調子が良かったので最初の2回の休憩でしっかり食べずand 休息を予定より2、3分早めて出発したことが120km以降に響いたようで、アレ?って感じだして慌てて食べたパスタもすでに遅しだったとか・・・こんなハイレベルでもそれかと思うとレースって本当に難しいと思う。

そしてもう1つアントワンが印象に残ったと話してくれたストーリーは、46時間30分の制限時間ギリギリに片足を引き摺って、体が片側に大きく傾きながら最後にゴールできた日本人男性。見たとこ50代初めくらい?、ゴールの数メートル前では奥さんが痛い足側を助けて押しながらのゴールだったそう。ゴールの瞬間は、その時のすでにゴール後の選手も含めた応援の大きなアーチができて、多分1位でゴールした選手のそれを大きく上回るもので、それはそれは感動的だったらしいです。

 

約1ヶ月の夏休みが終わったらもちろん仕事の怒涛の波。

長い休みの習慣のない国々からの催促の嵐に対応しながら、10月初旬にあるSSコレクションの準備。週6で働く日々がやってきそう〜。

お次は夏休み中、悶々とアメ大からの面談を待っていた長男。

最終的に面接があったのは8月最後の月曜、無事面接はパスし、1週間ほどでビザが貼り付けられたパスポートが届きます・・と言われて届いたのが4日後の木曜日、翌日の金曜日に航空券を受け取ったと思ったら何と出発は2日後の日曜、航空券は届いたけど1年間滞在するアパートを探すまでの短期滞在先ホテルの情報が届いてないぞ、空港着いたらどどこに行ったらいいんだろww・・・とハラハラしていたところ明け方にホテル情報が届き、はい出発・・・という信じられないくらいのドタバタ劇の中でw 日本食好きの長男に私ができることはこんなことしかww

無事お見送りして・・・ (このショボ顔は出したら次男に怒られるから隠した)

f:id:tomateo:20220904203403j:imagef:id:tomateo:20220904204136j:image

MBAは終わらせて欲しいけど、なんか帰って来るような気がしないんだなぁ・・まさかのこのままUSA在住 ?!・・・

そういう私も「数年で帰ってくるから〜」と出かけてそのまま居座って今に至るクチだし、親子だから仕方ないかww 

 

そして朝10時のフライトで無事飛び立ったと思いきや・・・私たちが家についたら長男からSMS

ケニアからきたらしい機体の不具合で5時間の遅延のアナウンス。一旦乗ったけど降ろされた。次に到着する便に変更になるので時間がかかるみたいだ。で、今レストランでフリーミール食べてるよ〜ww」

>ええええー!

私ならそういうストレスは耐えられないが、若いってことか・・・

いつの間にか大人になって、時々鋭いアドバイスまでくれるようになった長男のこの不在の穴は当分は仕事で埋めるしかないでしょう(ぅぅぅっ

 

 

5時間遅延だから遅いのぅ、あぁもうだめだ〜ってところに、先程ついたと連絡あった(ホッ

Lone Star State TX  でがんばってくれぃ

f:id:tomateo:20220904203737j:image

お母さんはこっちで頑張るよ 💪

 

パリ祭 2022

アフリカ大陸からの熱波到来中のパリ、来週は40度だとか・・・

f:id:tomateo:20220715044457j:image

去年は寒い曇り空でしたけど今年のパリ祭は素晴らしく晴天。

 

さていつもの近況から・・
長男はまだアメ大からの呼び出し待ちが続いていますが、それ以外はだんだん固まってきました。私的にはまずは車の運転免許の取得から、パリでちょっと練習してあっちですぐに免許取ったらいいよ。

MBA資格取得にあたり1年以上の研修経験が必須となっている。うちは、個人的にもトライしたけど、最終的に仏政府プログラムのインターンシップ(VIE)を利用することにした。https://mon-vie-via.businessfrance.fr/en

(この仏政府のインターンシッププログラム、ヨーロッパ内のEEA加入国を対象としているのでフランス国外の方も応募できますよ!お隣の国々の方の読者も数人いらっしゃったと思うので念の為)

労働条件はどの国にいってもフランスと同じだし結構手厚い補償(例えば、給料は勤務地の物価により確定されているんですが、東京都内の場合3000€とかw、加えて別途住宅手当がつき、往復の航空券も一定金額まで補償あり、有給はもちろん年5週間ww・・)なのであまり心配はしていませんが、テキサス・・・一体どんなところなんでしょう?お母さん、想像つかない。

 

そして次男、なんと!思ってもみないTOEFLの結果で、すんなりビジネススクールのマスターコースに入学許可となった。(長男のつぶやき「僕は3ヶ月真剣に勉強して105なのに、ちょろっとやって95ってどういうこと?」。私のつぶやき「果たして違う分野で、全英語の授業についていけるのか・・?」の多大な不安が残るところ)

そんでもってなんと、来年の1月から半年の交換留学だって!

私:どこに行くの?日本?

次男:日本だと大阪の大学だよ。

私:いいじゃん、名古屋も近いし。

次男:うーん でもUSAにする、トーくんいるし。

私:えっ?そうなん。お兄ちゃんいるったってUSAは広いんだよ! 

次男:いいの。

さーて、一体どこに行くことになるんでしょうか・・・w

 

そして最後に私の近況はといいますと

スポーツDr. B :うーん、経験のある〇〇コーの言うことだし、そこの痛みは心配だね。数ヶ月内に手術ということはないだろうけど、いろいろ準備はしといた方がいいかもしれん。とりあえず僕が指定する医師のレントゲンとMRI 撮ってきて。

あとさ、7-8kmで痛くなるならそこでやめときましょう。10kまで走る意味なし。

→. Dr.Bの指示する検査医でレントゲン、MRIは薦められた医師が夏休みに入るので予約とれず。

次に人工股関節手術を受けた外科医:ふむふむ、術側はすごくいいコンディションですね。2019年にマラソンしたあとどうした?

私:2021年秋にコロナで伸ばし伸ばしになってたパリマラソンを一応完走(歩)しました。

外科医:(レントゲン見て)痛い方の骨の具合は思ったより悪くないかも。とりあえずMRI撮ってきて。まぁ、いざとなったら前のように手術すればいいことだし(ニコッ)

私:(あはは、だよねー 外科医にすれば「手術すればいいこと」だって思うんでしょうね)9月に入ってからMRIしてまたきます。では Have a nice 夏休み!

ところが、先週は段差でグキっとやって右足捻挫、翌日展示会訪問なのに困ったなーと思いながらも炎症度めクリームとテーピングで捻挫をなんとか乗り切ったと思いきや、終わりころに取引先のブースの担当者に「バイバイまたねー」と言いながら後ずさっいてたら、一段下がった段差に気づかず後ろ向きに大転倒、資料を両手で抱えていたので尾てい骨を直撃につき、目から火花とはこのこと。

スタンドの椅子に這いずって行って座らせてもらってちょっと休憩し、立てたので骨折はしてないだろうと判断して帰宅、帰りのタクシーのシートの揺れがキツかった。

あぁ災難続きと思っていたら、その数日後に帯状疱疹のような湿疹がでた(泣)かかりつけGPに連絡したらコロナ感染中で休診(泣)、大半の個人医が休みに入りだしたので皮膚科が・・・💧 

 

骨盤直撃からほぼ1週間経過、まだ座るポーズによっては痛いけど気晴らしにボーイズと超久々にマダムに挨拶に行ってきた。

f:id:tomateo:20220714165215j:image

ボーイズに引っ張ってもらったとしても記録がへん(これは私じゃない、どこかの誰かと混ざったかもだけど、まぁいいやw)
f:id:tomateo:20220715044206p:image

 

そしてCOVID。

去年のパリ祭の時は、一年後の今日にはコロナが終わっていると信じていたけど、まだダメですね。

こちらの毎日の新感染者数は15〜20万人くらいの間を行ったり来たりでしょうか。

ICU使用率は23%(パリ/パリ近郊は34%)でまだ余裕はある。

しかし勤務先も年末のように感染者が続発していて、毎日が濃厚接触者になってここ2週間くらい2日おきくらいに検査してます・・・が、ラッキーにも陰性ばかり。

マスク外して隣でランチした人が陽性になっても、感染しないんですわ 私。年末年始は私以外の家族3名全員が感染しましたがそん時もかかんなかったし、本当に不思議。

 

ということで、今年もこのシーンをお届けして終わりにします(爆音注意)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Hashirutomateo (@hashirutomateo)


来年のパリ祭はどうなっていることやら・・・

 

それでは皆様 よい夏をお過ごしください。

 

いろいろどうなっているかというと・・

お久しぶりでございます。

書く予定は全くなかったのですが、とりあえずの近況報告でございます。

まずは、私が書かなくなってから、適度な間隔でぼっちぼっちと読者登録していただいた皆様、ありがとうございます。

「なんなの?なんなの?書けって言ってるの?」って勝手にうるっときてました。

もう書くことはないかと身辺整理もしてたくらいだったけどw、ちょっときっかけがあったので久々に書くことにしました。

 

ボーイズの近況から:

長男:やっぱり行くよね、そうだよね。私としても一度は行ってほしかったわけだけど・・。留学が先か、研修か・・色々あってまずは1年の研修が先になった。ウクライナの方々が最優先なのでヨーロッパにあるビザ関係のアドミニは大混乱、大幅遅延となっていますがなんとか大丈夫そう。まだアメ大からの呼び出しやビザ発行日がはっきりしないので出発日は不明だけど・・w

場所はTX(シスターズによると今流行りの州とか・・)、お母さんが願ってた場所とは全然違うけどw Aerospace and defence suplier系だから仕方ないっか。

空がでっかそうだww 、Big Sky TX、私が行ったことない未開の地・・・フランス+TXアクセントの英語が楽しみだなwww

次男:無事スポーツ系の大学を卒業予定(去年は解剖学の単位を落としそうになったけど今年はすんなりw)。最終的にスポーツマネージメントのBachelor資格だ。でその先どうするのかと思ったら、それでは足りないといいだし(多分兄さんの影響)何故か全然フィールドが違うビジネススクールでマスター資格を取りたいという。どうせ受からんだろうと思ったら、3つとも受かったw。長男のに比べれば数ランク下だが仏国アカデミーに入っている学校なので悪くはない。なかでも第一希望のは授業が全部英語という(えええー 大丈夫なん?まぁ長男もそうだけど・・)英語での面接試験はパス(インタナショナルな人々のグループのゲーマーなのが ひょんなところで役立ったということもあるw、あとはTOEIC/TOEFLの結果次第。TOEICは1発勝負で940(ちょっとびっくり、軽く勉強してこれだもの。やっぱり英語の半分は仏語語源っていうのはありズルい、そして昨日TOEFLを受けた(これなんて準備期間は2週間w 360度の監視カメラがあれば自宅でズーム試験が受けられるらしいがカメラ高すぎだから試験場で受験した)

どうだった?

>ça va〜(全然わからんが、サバーのトーンからすると大丈夫だろう)

 

さて私はと言いますと、

まずは悲しいニュースが突然はいりシスターズの1人のご主人が突然亡くなった。なんなの?もしかしてワクチンのせい?なんて頭がよぎる中・・

私以外のシスターズが久々にセレモニーに集まった。リタイア生活に備えてフロリダに引っ越ししてたからCAやORからは遠いんだー。ご主人ともよくつるんでいたし、私も誘われてたけどどうしても都合がつけられなかった(悲しかったなぁ)

ズームをしてもらって久々の泣き笑いの中、シスターズから(私は)「なんでその年になってそんなに働いているの?」と言われる始末w

> I don't knowよ、どんどんあちらから迫ってくるのw

と、話はずれましたが・・・

本題に入りますと、走れてません!

週1、2回の10kとジムでのマシーン筋トレ、たまに自宅での自重筋トレで精一杯。夏時間で日は長いし、帰宅時間は17時ころなので時間はたっぷりあるけど、帰宅して一旦座ったら動けませんw。他のスポーツも試してみたけど今ひとつ。

加えてちょっ前から変だと思っていた反対側の股関節というか psoasが・・うん、痛いw。走っている間に痛くなった時にすぐにわかりました。術側の前と同じで絶対忘れない懐かしい痛み。両方の股関節が成長時の発達異常による寛骨臼のかぶりが浅い臼蓋形成不全なので反対側もおそらくなると思ってたけど、あーあ、ついにきたか。

今回は、その場だましで手術を遅らせるステロイド系の神経ブロック注射もやらないと思うし、自然の流れに任せて悪化させる予定w(一時的に抗炎症剤くらいは飲むかもだけど)

私の経験上による勝手な予測では、おそらく1〜2年後くらいに反対側も手術と思う。そりゃあ骨盤切り落として人工股関節にするのは怖いのには違いないですけど、

私の考えでは、手術は絶対 より若いうちの方が回復は早いし、前回で手順はわかっているし、その手順にしたがって復活すればいいだけの話と思っている。したら次はダブル人工股関節でパリマラソンかしらんw

といってもまだまだ10kまでなら走れます。7kくらいで痛くなるけど。

不思議なもので、反対側の時も、靴下1人で履けないし、階段はいい方の足で片足ずつしか登れない状態だったのに5kは直前まで走ってた。(あー 今見ると完全にアンバランスw)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Hashirutomateo (@hashirutomateo)

www.instagram.com

手術は2月だったけど、その前年の8月にはCAでのバカンスでヨセミテ・ハーフドームの足元まで登ったんだよ。

f:id:tomateo:20220612211459j:image

f:id:tomateo:20220612211503j:image(アップで初登場 笑)

往復で12時間、家族で一番元気だったのは私だったくらいだけど、

そのあと10月にパリ郊外のトレイル6時間

やったあとから急に悪くなった。

だからなんとも言えないけど、手術のあと思ったの、人生にはタイミングというものがあって、ちょっとぐらい障害があってもそれを逃してはいけないなって。それ以来 私の人生はタイミングとの真剣勝負ですw

今回のシスターの旦那さんが突然亡くなった時も感じたけど、このくらいの年齢になるといつ何が起こるかわからないし、そうでなくても人生のタイミングはその時しかなくて、そのタイミングを逃さないように生きたい思っている。

 

コロナ騒ぎもどっかに飛んでって、本当に気持ちいい季節になりましたね。

f:id:tomateo:20220612212304j:image

 

久々にスポーツドクターBと、術側の経過診察も3年ぶりだしで外科医の予約もとった(と言っても診察は夏休み前だけど)

また気が向いたらその後の報告するかも・・・w

久々に書くとめちゃめちゃ時間かかるw

 

 

 

 

#StandWithUkraine

ここからたった3時間程度のフライトの国であのようなことが続いているのが信じられない。

f:id:tomateo:20220306212124j:image

夫はアリちゃんとシスターが参加したデモに参加し、心ばかりの寄付、私はウクライナ教会に衣類やいろいろを運んだ。思いつくことはこのぐらいだ。このウクライナ教会の横の小さな公園には、通常なら毎週末ウクライナからきたと思われる大型のバン数台がとまり、地元特有の食べ物を運んできて在パリのウクライナ人の小さなマルシェとなっている場所だ。昨日その公園は寄付品の山で埋まっていた。

 

日本とUSAはまだロシア上空飛行制限国の対象になってないけどJALANAは3月3日、4日と早速欠航となったと大使館からメールがあった。

f:id:tomateo:20220306164419j:image

その後復活したとの連絡はないが(こんな状態でするわけないだろうけど)、復活するとすればもっと北回り(冷戦時代のようにアンカレッジ/AK に経由にするとか?)より南回りルートに変更するしかないと思うが、Covidでもともと乗客が少ないのにそんな時間と費用をかけるわけない。

コロナ関係のニュースはここのところ全然聞かないけど アプリの新規感染者は5万人台になってた。

f:id:tomateo:20220306164904j:image

3月14日からは、屋内での公共交通機関医療機関や高齢者施設などを除いてマスク着用義務がなくなる。

気になるのは、年末に感染した私の周りの人達が最近また再感染していること(うちの家族はまだ無事だけど)。しかも年末の時の症状より重めの人が多い。味覚異常とか軽い咳の症状が続くとか・・・ということはオミとデルタが混じったやつってことだろうか? 今ではすっかりコロナが終わってしまったような世間の雰囲気になっているが、一部の専門家の話によると、この秋から冬にかけて またICUの余裕がなくなるような強めの異変型がもう一度発生するらしいということだ。こうなったら もう自分で対策するしかないってことかな。

 

戦争が発生してから毎晩のニュースを見なくなった。パリ多発テロの時もそうだったけどこういうときニュースばかりを見るのは精神的に非常に悪く、結果的に免疫力なんかを落とすことにもなりかねず、頭を切り離すことが大事だと思っている。

今日、日本は東京マラソンだったようですね。

こちらはパリ・ハーフマラソンでした。私はバーチャルでw

f:id:tomateo:20220306212137j:image

ー 18kすぎで右ふくらはぎが攣りそうな兆候があったけどなんとか持ったw

ー 右親指の裏側にまたでっかいマメができた模様(今はみたくないw)
f:id:tomateo:20220306223136j:image

こんな時は黙々とぐるぐるがメンタルによい。

 

悶々とした日々の気分転換に「呟き」はじめましたw