とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

目眩のつづき

 

朝、目を開けるのが怖い〜  今朝、そっと片目を開けてみたら回ってなかった。

ゆっくりベッドの端に腰掛けてみる、大丈夫だわ

(具合が悪くなった初日は座った途端にそのまま後ろにひっくり返ったもんねw)

まだフワフワするけど90%戻った感じだったので バスで朝イチの目眩専門フィジオに行ってきた。

目の振動を確認するゴーグルみたいなのをつけて言われた通り動いてみる。

次はバーチャルリアリティーのヘッドセットをつけて南国のビックウェーブのボートに乗せられた。カモメ飛んで、イルカがジャンプし、でっかい波に乗ったり降りたり・・

波間から 近づいてくる左右にある椰子の木の孤島をみてみろと言われる

全然平気だ、逆に夏の海の香りがしそうなくらいで気持ちいいーw

フィジオ:この前は目が左右に振動して一瞬たりとも止まってなかったけど今日どんな動きにもピタッと止まって焦点をあてている。VRヘッドセットの時は顔がニヤついてましたよ。もう大丈夫!

次のステップは元の生活に戻ること。まだフワフワ感じがあって怖いと思うかもしれないけど怖がらず動くこと、動くほどいい。

私:指示されたように枕を高くして、まっすぐ仰向けで寝なくていいの?(枕は低め派)

フィジオ:いつもの生活に戻れって言ったでしょw

私:走っていいの?

フィジオ:とりあえず午後のMRI検査の結果だけまって、それで問題なければ専門医からも元の生活に戻れと言われるでしょう。帰り道は川沿いを歩いて帰ったらいいよ。今日は寒いけど珍しく天気がいいではないですか!

f:id:tomateo:20210126231630j:image

この症状を専門にしているフィジオのお兄さんから受けた BPPV の詳細はこちら にある通りで、クリスタル(耳石)がこの内耳 にある車輪のような三半規管の中に入り込むことで目眩を生じるらしい。三半規管はリンパ液が流れており、その流れを感知して身体のバランスを取る。その三半規管に耳石が入り込んでしまうと、リンパ液の流れを乱れさせて実際の身体の動きと合わなくなり、そのずれから目眩が生じる。
f:id:tomateo:20210126231639j:image

朝はまだフラフラするなと思っていたのに、人間(私)って単純で「もう大丈夫」と言われるとシャキンとして「さっさと歩いて帰りましょうか」って気になる。

フィジオ兄の指示に従って帰りは徒歩で帰宅。

 


途中には 1900年のパリ万博用のロシア皇帝から贈られたアレクサンドル3世橋

時代はアールヌーボまっさかり、パリの橋の中では一番ロマンチックな橋だと思う。
f:id:tomateo:20210126231620j:image

橋の途中  ギリシャ神話にでてくる女神 Nymphe の背中より(背中がたくましー)

f:id:tomateo:20210126231647j:image

これ時々やっている人いるけど、一度やってみたい 腰ワンコジョグ

f:id:tomateo:20210127034814j:image

この橋の下は元々 道路の方が水位より低いんだけど、今 増水して水位がほとんど私の胸の高さw あと10cmくらいで浸水か
f:id:tomateo:20210126231643j:image


そしてお昼過ぎからMRI(蛍光剤注射付き)

結果は、内耳の軽い奇形があるものの、腫瘍などはなく問題なし。もしかすると石が剥がれやすいのはその奇形によるものかもという見解

(でた、マルフォーメーション:股関節の骨の被りが浅いのも成長期にうまく発達しなかったことによる奇形 or 先天性異常?と言われたもんね。歳と共にだんだんその不具合をカバーできなくなるってことですね・・)

大きめのクリニックで検査したんだけど、布系マスクはさっそく禁止になっており院内に入れず、入り口のセキュリティからサージカルマスクを渡されて着けかえるように言われてた。推奨しないどころでなく さっそく禁止はびっくり、これからスーパーなんかもそうなるんだろうか??

 

夕方からORL耳鼻咽喉科

- MRIの見解は検査医と同じ

- 多分今回のあなたの場合、小さなクリスタルが三半規管の奥の方で動いたんだと思う。大きめの場合は頭を動かす施術で 動かして外に出すのが割と簡単なんだけど、小さいのでそれも奥だと出しにくいのね

- 大きな目眩が3夜続いたのは大変だったでしょー、石が三半規管の中にある間は目眩がつづくことになるからねぇ、週末に発生したら最悪だよね。しかし、その場合耐えるしか方法がない。あれは本当につらいと皆言うけど死なないから大丈夫w

- それと、次回もし発生した場合、ネットでみた施術を自宅でやらない方がいい。フィジオが目の動きをみてから どこのどっちあたりにクリスタルがあるか判断して、頭を左右上下に動かすので、素人が訳わからずやってしまうとその状態を混乱させ返って長引かせてしまう可能性もある

- ビタミンDが不足しているとなりやすいという説もあります

(またでた  いくら飲んでも増えない年中不足のビタミンD (ww) 今年は特に夏にそれほど太陽あたってない。今年は歯科医、オンコログ、Dr.Bに続きこれだ。どうやらビタミンDと私は切ってもきれない間柄らしい)

- アフターショックで1週間くらいは多少クラクラすると思うよ。スポーツも含めて日常に戻っていいけど梯子や高いところに乗ったりするのは少しの間 避けましょう

 

なるほど、ネットって便利だけど私のように勝手にやらない方がいいみたいです。

 

 

専門医の診察が終わって外にでたら、パン屋が忙しそう、そしてなんだかみんなが急いでいる。

あっ 17時50分!あと10分で夜間外出禁止令の時間だわ。

私の場合、今日は通院の証明があるので18時すぎても大丈夫なんだけど、外出証明書を作るの忘れてたので作成して ほっとひと息つく。

20時が制限時間だった時はそうでもなかったけど、18時ってビミョーで結構せわしない。道路や公共交通機関は16時ころから混み出すし、ランナーもその頃から混み混みになるし、スーパーなんかに夕ご飯の足りない食材購入で駆け込んだら17時頃からシャッターを締め出し、セルフレジも長蛇の列、パン屋も長蛇の列・・・でカオス〜。

これも私のストレスの一つだったんだわ って気がついた。

トータルロックダウンと18時の夜間外出禁止令 どっちがいいんだろ??(笑)

 

 

 

フィジオからの帰宅途中、もう一度セーヌの流れで目眩チェックw

(と つまんない動画でも載せてみる)

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Hashirutomateo (@hashirutomateo)

無事、船酔いしませんでした。

 

 

研修 数日休んじゃったから明日から居残りでキャッチアップだわ。

 

 

 

ふ、不調

ここ1週間のコロナ情報いろいろから、

- 厚生省より、マスクは規格UNS1まで それ以外の手作り布マスクは異変ウィルスには対応できない可能性が高いとして推奨しないと発表。

(布っぽいマスクではパッケージにUNS1の印があるものまでを推奨)

と共に、マスクを外した場合のソーシャルディスタンスが 1mから「2m以上」になった。

f:id:tomateo:20210124225139j:plain

- イギリス異変型のウィルスは未成年の間で増加

フランス全体では6.4%増に比べて

0〜9歳では10%増 10〜19歳では8.5%増

f:id:tomateo:20210124225309j:plain

1月中旬の 0〜19歳の陽性率は46%増

f:id:tomateo:20210124225534j:plain

 

- ファイザーからのワクチン供給減らされる

1アンプルにつき5回分の量が含まれているということだったが、綿密に使えば6回分使えるということになりファイザーからの調達が減量された。(えええー! 例えば今まで30回分として 6本のアンプルが配達されてたのに お支払額は変わらず5本に減量されたってこと。ファイザーやりすぎじゃないのw)

TVに出ていた医療スタッフによると、6回目分の量を確保するためには5回までの分を非常に慎重に分けないと難しいらしい。その病院では6回目分の量を十分に確保できないことが多いのと、開封した状態で使用のリミットが通常1時間くらいしか残されておらず、破棄するのはもったいないので、少しずつ残ったワクチンを集めて1回分にし、希望の医療スタッフに注射しているということだった。

 

- 国別ワクチン接種ランキング(2021年1月25日付)

f:id:tomateo:20210125182738j:plain

新感染者数:18436

ICU:2965(使用率58.4%)

R0値:1.09

陽性率:7.1%

 

ここのところのパリのお天気は強風で雨ばかり、大したことはない量だが雪も2回ほど。セーヌ川の水位が上がってきて またヤバい。

f:id:tomateo:20210125162638j:image

その悪天候のためか、ストレスのためか体調が最悪。

まずは腰痛、どうも走るとその夜から痛みだす。走っているときや直後は全然問題がない。痛みはぎっくり腰のようなぎくしゃくした感じ。だから好きな時に走れない。

日によっては走らなくても座っているだけで痛い、鎮痛抗炎症剤をついつい飲んでしまう・・この状態は問題。人工股関節のときも最後はそうだった。

また走れなくなってきたかと、Dr.Bにまず予約を入れる。最初に空いているのは2月の初旬だった。前回のMRIの検査医師の言葉が蘇る「おそらく近将来に手術が必要になるでしょう、その前にまずは神経ブロック注射を試したらいいでしょう」

主治医のスポードクター Bは、そのMRIの結果を見せた時には「多分手術にはならないだろう」と楽観的だったがどうもそうでない気がする。

私的には楽しく走れないこと自体が悲しいし、人工股関節になる前に神経ブロック注射を2回したけど結局数ヶ月後には元に戻る感じだったし、注射による感染症の可能性もあるので、手術で痛くなくなるのであればその手順はすっとばしてさっさと手術してしまいたい。

コロナで緊急手術以外は延期状態になっている世の中なのですぐに手術は無理かもしれないけど、プライベートの病院なら大丈夫かな?という気がする。いずれにせよDr.Bから腰専門の外科医の紹介を受け、そちらで診察してからということになるので今日の明日とういことにはならないだろうけど。

整形系の手術を受けるのは より若い方がその後のリハビリにかかる時間も短いことは明確だ。さっさと受けて前に進む、そうしたい。また走れるかどうかわからないけどやってみないよりはマシ。

走ることが好きってわけではないのだけど、走っているときの自由になれる感覚が好きなんだなぁ。

 

そんな感じで悶々としていたら、夜中に目を開けたら天井がぐるぐる回っていた。6月にもあった。(あーあ、ストレスが体に直撃するタイプで本当に嫌になる)

BPPV良性発作性頭位めまい症

体のバランスを保つ耳の中のクリスタルが剥がれて移動したらしいので、ネットで探したそれを戻す運動をしてみたが治らない、前回は1発で治ったのに・・おかしい。

感覚としては嵐の中の船、または ぐるぐる回る空中ブランコが止まらない状態。目を瞑って座っていることしかできないけど回る回る、そのうち胃が耐えられなくなりゲロッパで疲れ果てて寝る、目が覚めるとまた同じ・・が 3夜つづき、もうこれは辛すぎて意識を失ってしまいたいと思った。

こうなると耳鼻咽喉科とまた別の地区にある専門のフィジオに行かないとダメなのだが、もうキャビネットにたどり着くまでが地獄ですよ。ひどい乗り物酔いの状態で車に乗らないといけなのですから。

専門医の診察では、単純なBPPVではない可能性があるとして脳と頸部のMRIとなった。MRIの予約は受診日から3日後(明日)、その時点でもう2日間何も食べられなくて今回ばかりはダメかとおもった。

わたし的には、 土曜日にめずらしく診療していたネットで見つけた専門医より、フィジオのお兄さんが頼りになった。まぁ専門医から処方された目眩止の薬 2種類と吐き気留めの薬でやや助かったわけだし、脳のMRIも片目が見えなくなってから定期的に受けていたんだけど これも4年ほどしていないので結果的によかったわけだけど。

フィジオでは目眩がマックスなのに、頭をグルグル回して移動したクリスタルを戻す動きをさせるのでゲロッパしながら、マスク戻して中で鼻水垂れながらw ベッドにへたりながら施術するのだけど、「食べられなくても固形物を押込めないと弱るばっかりだよ(こちらすぐに点滴とか病院でやらないシステム)。壁に頼らず自分であるけ、なんなら今週からセールが始まったからウィンドウショッピングをして頭を左右に動かしながら街をブラブラしてみたら?」っていう寒いジョークが結構パワーをくれた。(後で聞いたらそれはジョークではなく本気だったらしいw)

 

施術と薬のせいか今朝はやっとやや復活、波の少ない船に乗っている感じ。

冷たいりんごとバナナとオレンジを食べた。

頑張って食べて明日のMRIとフィジオに備えます。

 

またロックダウンになるみたいだな〜 ハァ ...

 


 

18時からでれないwa

いつものことながら長いです。

木曜日に政府から経過と今後の方針発表があった。 

 

現状:

年末年始後に予想されていたような感染爆発には至っておらずヨーロッパの中では比較的おち着いている。

2度目のロックダウン直後の10月30日から12月1日までの1週間ごとの新感染者数の水位

f:id:tomateo:20210115044447j:plain

昨日の新感染者数:21228 

ICU:2726(使用率約 54%)、死亡:282

 

しかしながらヨーロッパ全体での感染拡大の勢いはすごいです

現在のヨーロッパの規制状況

X:ロックダウン実施中 🕛:夜間外出禁止令実施中

f:id:tomateo:20210115044312j:plain

ついては、

- 1月16日より 18時からの夜間外出制限を全国的に開始する。少なくとも15日間継続予定

- 18時からの外出制限は すでに25県で導入されており、感染拡大防止に効果が出ている
- 例外は従来と変わらず限定的で個人的理由による外出は不可(犬の散歩はいいが、ランニングやウォーキングは不可)
- 商店や商業施設は18時に閉店必要
- 商店等での営業時間が短縮されることで多くの人が集中しないように昼休憩の時間帯の開店を推奨する(こちら個人の食品関係のお店 例えば肉屋、八百屋、魚屋、チーズ屋などはランチタイムの後3時間ほど必ず店を閉めて休憩します。レストランも同じ、ランチが14〜15時頃に終わり一旦クローズ、次はディナーの19時まで開きません)

 

ウィルス:

- 英国変異種(VUI-202012/01と呼ぶ)は、従来よりも30〜70%感染力が強いとされ、子供に対する感染力も強いとされる。感染力が強い一方、重症化は従来と変わらない
仏における調査では、現在のところ新感染のうち1〜1.5件/100件が英国変異種によるものであり、毎日200〜300件の感染が発生していることと予想される

- 南ア変異種(501.V2と呼ぶ)の情報はまだあまりないが、同じく従来よりも感染力が強く重症化のレベルは変わらない。地理的に近い海外領土のマヨット、レユニオンは警戒が必要


仏入国の検疫強化:
- 1月18日より、EU域外から仏に入国する者は出発72時間以内に検査を受け、航空機又は船舶の搭乗前に陰性証明の提示が必要
- EU域外からの入国者は、入国後7日間は自主隔離を行い その後もう1度PCR検査を受けて陰性の場合 隔離放免となる
- 出発地点が PCR検査が受けられない状況の国の場合は、現地の仏大使館に連絡の上、渡航証明を入手の上フランス到着後にPCR検査、指定ホテルに7日間自主隔離、再PCR検査の流れとなる
- EU域内から仏へ入国する場合については1月21日のEU閣僚会で検討のこと

ワクチン:

- 12月27日より始まったワクチン接種は 現在31万8千人が接種済み

- ワクチン接種が進めば、病院が重症者で溢れるリスクも低くなる

(ニュースによるとワクチン希望者は全体の40%だったのが 56% に上昇)

- 一般の75歳以上に加えて、1月18日より以下の高リスクの慢性疾患者も接種対象になる、接種には主治医の処方箋必要

・癌や悪性腫瘍治療中

・臓器移植者

・造血幹細胞移植者

・複数の臓器不全を伴う慢性疾患を持つ人

・特定の奇病、特に感染症に敏感な疾患の場合

ダウン症

- 18日より全国700箇所にワクチン接種センターを開設

 

 

学校

幼稚園〜高校:
- 引き続き開校するが、ランチタイムの衛生措置の強化

- 英国異変型ウィルスが子供に感染しやすいという状況より、100万人/月の予定で生徒と教師に集中PCRテストを行う予定(1週間に30万人規模で実施予定)
- 高校生の11月から実施されているハイブリッド授業(対面授業と遠隔授業の両方)を以降も継続。必要に応じて中学校でもハイブリッド授業を実施予定
- 小学校の給食では、クラスの異なる児童が一緒になることは認められず(従来は学校のカフェテリアでほぼ一斉に食べるシステム)、食堂の利用時間をずらして同じクラスの児童同士で毎日食事をとることとする
- 学校内外の屋内スポーツは禁止
- 3人以上の感染者が確認された学校には検査チームが派遣され、必要に応じて学級閉鎖や学校閉鎖を行う

それ以上の高等教育:

・抗原検査は各大学の保健室にて検査可能となる
・小規模のグループ授業については半数での対面授業を認める
・15日に大学学長会議と学生組合に対して政府より詳細を説明のこと
・精神的にも経済的にも厳しい状況にある学生に対しては既にいろいろな対策を取っているが、今後カウンセラーの数を倍増していく予定

 

経済対策:
- レストラン等の宅配やテイクアウトによる売上は、補助金支給額算定の根拠となる売上として計上不要
- レストランやカフェ、その卸売業者、納入業者等について、引き続き月20万ユーロを上限に2019年の売上の20%に相当する額の給付を受けることができる(月額給付との比較でいずれか高い方を受給可能)
- 米国の制裁(ワイン・コニャックに対する追加関税)の影響を受けるブドウ農家に対しても支援を実施
- 完全休業の対象となっている企業(飲食業、ナイトクラブ、スポーツジムなど)と、18時以降の夜間外出禁止措置の影響を受ける商店等については、企業が従業員へ支払う休業補償を100%助成。これは衛生規制が適用される限り継続される  などなど

 

 

 

ある哲学者がいったそうです。

「ロックダウンが始まった日からコロナ的世界になった。

そう、コロナが流行ってしまった段階が すでに結論がでた状態。

これを早く回復させて元通りの世界に戻ろうというのは もはや幻想でしかない。

死んだ人間が生き返らないように・・・」

f:id:tomateo:20210115050038j:plain

昔の写真を眺めて、1年前はこうだった・・とか、

以前はよかった・・だのと ため息ついてみてもしょうがない

むなしいだけ・・

というか そんなのは もうごめんだ、性に合わない。

さっさと頭を切り替えて前進していこうと思う今日この頃だが、

今一つ吹っ切れない自分にイラつく・・・w

頭の中だけでもこんな気分にしてみる

Spotifyがまとめた 私の2020 のTop1 はこの曲でした。ロックダウン中よく聞いたもんねw)

 

 

正月気分 やっと一区切り

1月6日の水曜日はエピファニーだった。

Epiphanie 公現祭 = jour des Rois 王様の日 という名のキリスト教の祝い事で、ジーザスが神の子として人間の前(3人の王様の目の前)に現れた日。

こちらではこの日がきてやっとクリスマスツリーを片付ける感じ。

路上の そこここ にはこんな感じで可哀想なツリーが・・・

f:id:tomateo:20210110153236j:image

前々から「エコロジーじゃないじゃん」って思っていたけど、最近ではやっと各区に「ツリーのお墓」という場所が設けられ、チップにして肥料としてリサイクルされることになった。

だからこうやって従来のように路上に捨てると最高150€の罰金だw

マスクなしも、夜間外出禁止令も違反すれば135€の罰金付きだが、何事も罰金がつかないと守れないお国柄w

 

ちなみに、どうしてゴロンと倒れているかというと、

(お借りしました)

f:id:tomateo:20210110164123j:plain

この ↑ 脚の土台部分が暖炉のいいマキになるっていうんで、自宅の暖炉でつかったり、巡回して集めている人もいるからw

 

話もどして、

フランスではこの日にちなんで年明けからパン屋とケーキ屋のショーウィンドーに「ガレット・デ・ロワ」が並び始めます。

その日曜日(昨日)は、一般的には家族が集まり、その後数週間は勤務先でも毎日誰か彼かがおやつに持ち寄ったり(今年はできないけど)、学校の給食でもデザートでガレットが毎日でます。

目的は、ガレットの中に一つだけ入っているフェーブ(陶器で出来た小さな人形)の獲得。自分のガレットの中からフェーブが出てきた人は王冠をかぶり、その年のラッキー人になれるという縁起担ぎのような行事です。
f:id:tomateo:20210110155835j:image

「とらや」さんも小豆とヘーゼルナッツ入りの和風ガレットやってるみたい

f:id:tomateo:20210110205653j:image
f:id:tomateo:20210110153231j:image

南仏のガレットの主流は ブリオッシュのパンの上に砂糖漬けのフルーツがのったスタイルでまた違います

(逆にパリでみるのはめずらしい ↓ 真ん中のやつが南仏風)
f:id:tomateo:20210110153308j:image

 

ここは珍しくチョコレート味のガレット作ってた
f:id:tomateo:20210110153256j:image
f:id:tomateo:20210110153244j:image

うーん チョコはイマイチw
f:id:tomateo:20210110153300j:image

100万カロリーでエピファニーを〆て、やっと七草粥の気分。

世間では 1月末までガレット続きますww

 

 

やっと気持ちよく10kmできた。

ガーミン先生は「軽度の有酸素運動が不足」ばっかり言います。

f:id:tomateo:20210112013710j:image

「Today's Suggestion」は、ここのところ「7分15〜30で1時間くらい」 ばっかの指示。

また壊れるといけないので当分週4位しか走らない予定だけど、そんなんでもゆっくり走る練習いるのかな?? よくわからん。



f:id:tomateo:20210110153249j:image


今年もミモザの季節になりました・・

 

 

 

新年の滑り出し

希望の2021年が始まったと思ったとたんに、新大統領審議中のキャピトルを闊歩する水牛の角と毛皮を被った上半身裸の男をみるとは思っわなかったw

BLMのときは完全装備の軍隊のガードだったのに今回は一般ポリスの警備ってなんなん? 

さっさと25条で罷免にして永遠に立候補できないようにした方がいい、このままだと核兵器ボタン押しかねないって・・本当にそう思う。

 

続いて、

コロナのニュースなんか「もう、うんざり」っていう人ばっかりでしょうけどw、ここでやめると100年後にみた人が、え?一体このあとどうなったの??ってことになりかねないのでw 一応続けます。

   

1月7日の木曜日に首相と厚生大臣から発表があった。

- フランスは現在のところ近隣諸国に比べて感染者数は少なめだが目標の5000件/日には全く届いていない。ここの1週間の平均感染者数は約15000人/日

(新感染者数が2万人を超えると追跡に支障がでるらしい。昨日の新感染者数:19814、ICU:2606(使用率約50%)

- 現在継続中の夜間外出禁止令はこのまま全国で続行(20時〜6時)

感染者が多い地域(新感染者が200件/日 以上/10万人)は、1月2日より外出禁止が18時からになっているが、そこに5県加わり15県に

(パリはまだ含まれず。感染者が多い地域は西側のドイツ、ベルギー、スイス、イタリアなどの国境に近いところが多い。国をまたがって毎日通勤する人も普通にいるし、やっぱり人が動くからでしょうね)

- 英国との国境封鎖(例外を除き英国からの入国は不可)は、当面の間継続

- 博物館、映画館、劇場など現在閉鎖中の全ての文化系施設は2月以降再開の可能性もある

- レストラン、バー、スポーツ施設の再開は早くとも2月中旬以降だが未定

- (2月のウィンタースポーツバカンスの中心となる)スキー場のオープンは1月20日に文化系施設の再開も含めて検討のこと

(ヨーロッパはこのウィンタースポーツのバケーションがまた超重要だから大変。フランスは普段から混み合わないようにABCの3ゾーンに別れてこのバカンスをとります。今年はゾーンA:2月6日〜22日、B:2月20〜3月8日、C(パリ含):2月17日〜3月3日 年末のように近隣諸国と連携が必要でしょうけど、どうなるんでしょうねぇ)

 

異変ウィルス

イギリス型:19ケース確認で 全国に散らばっている(パリ/パリ近郊でも確認)

南ア型:3件

 

別途TVに出ていたコロナ対策科学委員長の話

「フランスも残念ながらこのウィルスの拡大を回避することはできない、イギリスのような状態になる前に いつロックダウンを再開するか?」というところが重要な問題なのと、今までの子供の間では広がりにくかった傾向に比べて、この異変のウィルスはティー(12〜16歳)では7倍の感染力があるという調査結果より、前回の2回目のロックダウンでは幼稚園から高校まで通常通りオープンしたが、次のロックダウンがあるとしたら、学校を閉鎖すべきかどうか検討中らしい。

異変ウィルスの拡大は必ずやってくると思われるが、パンデミックになるまでに時間稼ぎをして如何にたくさんのワクチン接種を進めるかというのが決め手らしい。

年末年始の人の移動がどのような結果を出すか、ちょうど2週間となる来週中旬頃のデータをもとに今後を判断するとのこと。

 

引き続き政府発表より

検査

- フランスでは無症状者も含めPCRも抗原検査も無料で受けられるのでどんどん受けましょう。無症状者の検査の場合、ドイツやスペインでは約100ユーロ、イギリスでは約350ユーロ、ギリシャでは抽選に当たらないと受けられません

抗原テストは、薬局、一般医、町の巡回看護師、歯科医でも検査可能

- クリスマスから年始にかけてのPCRテスト件数は350万件/週、現在86%が24時間以内に結果判明の状態

- 検査で陽性になった場合、1月10日以降から国民健康保険のサイト上で陽性登録をすると、医師の診察/証明書なく すぐに病気休暇を取得可能。国保担当部署より健康状態に関する電話連絡が毎日入り、1月20日以降は看護師による自宅訪問が実施可能。

ワクチン
- 介護高齢者施設の居住者等から接種を開始した為遅れが出ている。予定されていた順番のステップを前倒しにして1月末までに、少なくとも100万人に接種予定

ファイザー社製ワクチンの2回目の接種について、当初は初回の接種から3週間後に2度目の接種を想定していたが、42日後の6週間後まででも有効であることが確認された(よって1回目の接種人数をより多くするよう進めた方が感染防止に効果があるということのよう)

現在高齢者施設の入居者とその従事者と50歳以上の全ての医療従事者が対象になっているが、次のステップとして

救急消防隊、50歳以上の自宅訪問ペルパー など前倒しで開始済み。

75歳以上の一般  も来週から開始予定。

(接種希望者が少ないからか、またが異変ウィルスが迫ってきているからか予定をどんどん前倒しにしている。従来からインフルエンザの予防注射は薬局の薬剤師に打ってもうらうことができるシステムなので、コロナのワクチンも薬局で受けられるようにしたらどうかという案がある。ファイザー以外がでたらやり出すと思う)

(イギリスが12月はじめに どこよりも早くワクチンを開始したのはこの異変ウィルスのためだったのですね?)

 

 

ただいまー! 

f:id:tomateo:20210109155515j:image

心拍は高目ながらも一応ゾーン4以下

また「7分半からやり直し・・」を覚悟してたけど、 ちょっと一安心

膝はほぼ完治、問題は腰だw


f:id:tomateo:20210109155546j:image
来週から寒さも和らぐ予報

逆に雨ばっかみたいだけどw

 

 

イギリス 早く落ち着くことを心から祈ってます。 

 

 

バランス

TVによると、こんな気温と湿度の状態が一番コロナの感染が広がりやすいらしい(縦軸:湿度 /  横軸:気温)

一番色が濃いところは 気温 7〜9度、湿度 70〜80パーくらいか

f:id:tomateo:20210101175256j:plain

フランスのワクチン接種希望率 40%ってなんなのかしらん。

同じ日に始めたドイツはすでに24万人近く、医療従事者を最優先としたイタリアは84000人が接種済み に比べてこちらやっと300人くらいってw

高齢者施設から始めているが、一人一人への医師による説明に30分くらいかけているらしい。まぁ当たり前といえば当たり前だ納得しないとできないもんね。

だから希望しない高齢者は残して50歳以上の医療従事者へと次のステップを開始した。

 

晦日のフェスティブな食事でも

アボカドに ヨーグルト、ハーブ(バジルやアネットなんか)、レモン汁、塩胡椒でミキサーしたペーストの上にスモークサーモンは抜群の組み合わせ♡

前菜にぴったりね

f:id:tomateo:20210101171034j:image

f:id:tomateo:20210101170843j:image

メインは ランナーの味方の 血入り黒ブーダン と 白ブーダンソーセージ

f:id:tomateo:20210101171009j:image

付け合わせはやっぱり りんごのソテー

もう一つの ジロール茸とマロン and イチジクのソテー・・◎

f:id:tomateo:20210101170829j:image

デザートは パン屋さんで食べたいものを選んだら、メインのつけ添えの食材と完全にバッティングしたことにあとで気がつき失敗なり(味は普通w)
f:id:tomateo:20210101170824j:image 

年末のスーパーは普通に混み合い、セルフレジで若者達が買っていくシャンパンの数をみてびっくりだった。

乾杯時に飲むシャンパンは3人で1本が目安だから・・・

えええー! その数なら20人近いだろう、6人制限はどこいった?・・・そんなグループばかりで OMG の onz

マクロンの恒例アロキューションは「1月は相当厳しくなるだろう、 4月までがんばりましょう」だったがその言葉どおりになる予感。



個人的な生活面では、ほとんど思いつきで始めた新しいオブジェクティブが加わって、バランスが出た気がする。

仕事(やりたいこと、やらなければならないこと)

趣味(ランニング)

人間関係(家族や友達etc・・)

この三角形が正三角形に近いとバランスが良い。

ちょっと前までは2本立てに近くて、時々どっかが大きく飛び出すぎてバランスが崩れていた気がする。だからキーってなるのよんw。

現在故障中で走れなくても それほど心配でないことを発見(負け惜しみではないw)

 

この「新しいこと」を始めてみて他に気がついた事は

海外に30年以上、フランスに24年住んで結構馴染んでいたと思ったけど、結局はそこに長く住む外国人だった ってこと。

17年以上会社勤めしていたと言ってもそれは所詮フランスからみる外資系ばかりだったし、一歩はずれたところからのフランスしか見えてなかったかな・・

このチャレンジで、やっとフランスの土に足をグリグリとネジ込んだ感じ(まだ片足の爪先だけですけど)

前々からボーイズへの遺言には「一般的な土葬は絶対イヤ、面倒だが火葬にしてくれ」と伝えてあった。

土葬だと4人が上に重なってワンサークルとなるみたいなので、強烈な仏人の上下に挟まれて永遠に寝るのはごめんだと思っていた、冬は冷たそうだしw

だから火葬(パリにも一箇所だけ火葬できる場所がある)

ただし火葬にすると日本のようにお骨が残るようなデリケートな焼き方はできないので全部粉々の灰になるそうな。「それでよい、あとは海にでも撒いてくれー」・・

と思っていたが、私はこれがあるのよね、すっかり忘れてたw

f:id:tomateo:20210101162733j:plain

これが遺骨・・

ちょっとそれは家族に強烈すぎそう だから土葬でいいわ。

なんたって今回フランスの地に脚をぐりぐり入れたことで、強烈なフランス人に墓の中でも対等にやっていける自信ができたw

(まぁ最終的にはどちらか安い方で・・新年から変な事書いてすみません)

 

 

あとは 

もうこの歳だから・・とか

自分のことをBBAとか呼ばないこと。

そんなことしていると脳に刷り込まれて余計にBBAになっちゃうからw

(そのように自分のことを呼んでる人は 往々にして心の中では全然そう思ってないのは知っているけどね)

 

 

さぁ 薬局で抗原検査もやったし、明日からまたコテコテの研修開始

三角形のバランスをできるだけ保ちながらやっていこう ♪

以上、ぱらぱらと思いついた支離滅裂なニュー イヤーズ レゾリューションでした。


f:id:tomateo:20210101171030j:image

やりたい放題はつづくw  GI値ってなんだっけ?・・ 

1735年に書かれた書籍にレシピが書かれてあるという、ルイ15世愛する人のために作らせた ピュイダムール ↓ 愛の泉 という名のお菓子
f:id:tomateo:20210101171038j:image 

あ、最近食べることばっかり書いてますけど、私の研修は料理関係ではございませんw 

 

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

年の瀬ですね

 

明日からEU各国でワクチンの接種が始まる。

ワクチンは今ゴールドよりも遥かに価値があるらしく、マフィアやテロの標的にならないように運搬の車は警察かミリタリーの援護付きだ。各箱にはGPSもついているという話だがマイナス70度の箱にGPSつけられるのかな?

 

クリスマスディナー報告でも

一番大事なイブのディナーから

前菜は 帆立のカルパッチョ風 

オリーブオイルと塩胡椒だけでめちゃうまい。

ヘーゼルナッツの味がする・・・

味変で途中でわさびと醤油たらしたら驚くほどの美味しさ(日本人でR)
f:id:tomateo:20201226161911j:image

メインはフォアグラのテリーヌとした(メインにするとたくさん食べれてよいw)

ただ暖かい物がないというのもなんなのでポテトのサイド。

今年はこんなのユーチューブでみつけたのでトライ

じゃがいも茹でて、ココアパウダーにペッパーとガーリックパウダーやハーブソルトをまぜまぜ → ソバ粉の茶色いシリアルをぶっさし、オーブンで温める。

YouTubeでみたのはサツマイモとチョコレートを使ったデザートバージョンだったが、塩味に変えてみた。

映えるだけかと思ったが、味も思ったより美味しかった。
f:id:tomateo:20201226160213j:image
もみの木のポティトゥはレイトゥw  立てる構造がわかったので来年は自作してみよう
f:id:tomateo:20201226160219j:image

フォアグラに挟んだダークチェリーのマーブルはどこへやら?ww

クック中に溶け出したらしい、次回は塊をもっとたくさん入れないとダメだ・・

が、マミーによると味は最高だった説ww(私もそう思うw のでお土産に持たせた)

 

期待のクリスマス ジャム

f:id:tomateo:20201226210510j:image

羊のチーズなら、伊のパルメジャーノの ひつじバージョン「ペッコリーノ ロマーノ」もあうだろうと思ったが以外にもイマひとつ、フランス産チーズのがあう。
f:id:tomateo:20201226210443j:image


デザートは色々食べたいからって インディビジュアルで
f:id:tomateo:20201226161748j:image

こちら一般的にはディナーの後は教会のミサに行き0時頃までお祈り

そして25日の午前中にプレゼントへ・・の流れ

24日のこの日のみ例外的に20時からの外出禁止令が解かれたので 敬虔なみなさんはミサにいけてよかった。

 

 

そして25日のクリスマスディナー(外出禁止令につき家族のみ)
再び ホタテ 

つけ添えは冬の野菜「アンディーブ」のオレンジジュース煮

縦半分に切ってバターでソテーした後、オレンジジュースでひたひたにして煮詰め、最後に塩胡椒で味を整えながらキャラメリゼ
f:id:tomateo:20201226160232j:image

ホタテは塩胡椒に小麦粉を軽くふってバターで表面だけ焼き色つける

→ 一旦とり出しといて

→ 白ワイン、シャンパン、シードルなどなんでもお好きな酒をw をたっぷり入れてフライパンのそこをこそげながらアルコール分を飛ばす(ここでアルコールを十分とばさないと酸っぱい味になっちゃいます)

→ 普段ならカレーパウダーだけど奮発の「サフランの雌しべ」で香り付け

さすが サフラン、やっぱり味が違う。

→ アルコールが飛んだら生クリームとセルフィーユ入れてできあがり。

f:id:tomateo:20201226161701j:image

昨日と同じチーズを食べて

デザートへ
f:id:tomateo:20201226161657j:image
前日のも美味しかったが、パティシエのケーキっていうのはやっぱりこういうのだ。

最低5〜6層、それぞれ一段ごとに 味 と 食感 が違う

それでいて 上から下まで一緒に口に入れた時のハーモニーがさすがすぎる

手間と時間を考えると気が遠くなる

パティシエになるには理系の精密性と美的センスがないと無理
f:id:tomateo:20201226161740j:image

 

 

 

ただいま故障者リスト入りで1週間以上全く走っていないw

膝にヒアルロン酸打ったばっかなのに お・か・し・い・な〜w 

Dr.Bとは 腰の手術に加えて膝の手術の話もしたのだが、思ったより早く手術の時期がきそうな予感。

それにしても「スプリント」トレーニングは やっぱり私には向かないらしいww

不整地でのドタバタ走りが下手すぎるんだろう。

ここのところお天気は冷たい雨ばっかりだし、ここは思い切ってしっかり休むこととした。

しかし走らないと時間があるよねぇw

 

「故障中は食べるべし、食べないと治んない」と有名トレイルランナーが言ってたし、

年末年始だし、ここはパーっといきます パーっと w

f:id:tomateo:20201226161653j:image

キャンドルの光は気持ちが落ち着いて大好き・・・

ちょっと当分これで食事してみよう。

 

 

それではみなさま良いお年を!