とりあえず走りだしました!

2017年2月20日に右側の人工股関節置換術をし、2012年から始めたランニングが続けられるのか? の記録です。

人工股関節置換術 退院後 ②

月曜日、朝から出張看護婦さんがバンドエイド交換にやってきます。

「うわっ 内出血がすごいですね。」⤵️

「でも傷口はきれい」⭐️

 

次に理学療法士さん

「うわっ まれに見る内出血ですね。」⤵️⤵️

退院時に渡された手術内容とリハビリの指示書を確認後、まずは、マッサージから。

手をお湯で暖めた後に、掌で少しずつ内出血部分を柔らかく押す(というか手をあてる感じの)リンパドレイナージのマッサージ(足全体がゆるまる〜 )⭐️⭐️

「あ、なんか運動してましたね。筋肉でわかります」⭐️⭐️⭐️

そして寝ながらの軽いリハビリ。

- 足をまっすぐに伸ばしたまま、膝裏をベッドに押し付けては緩める 

- 足を持ち上げ膝を曲げられる所まで持って行き、次は足を伸ばして膝裏をベッドに押し付ける

- 足を持ち上げ膝を曲げられる所まで持って行き、そのまま状態から足先を内側に振る

 それぞれ ×10回づつ 優しく動いて終わり。(随分ゆるいな 出張理学療法士さん 笑)

 

こんな感じで看護婦さんは毎日、理学療法士さんは2日に1回のタイミングで出張してくれます。

何が良かったかって、リンパドレイナージのマッサージはリラックスできて最高!

何が残念かって、やってくれるのは手術の方の片足だけですから 笑

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

そして午後に初めて1人で外出してみます。

自宅は建物の1階(日本でいう2階)にあるのですが、エレベーターを使って地上階に降りた後、外に出るまでに小さめの階段が3回登場するんですね。 すっかり忘れてました〜。

そして、でっかい正面玄関のドアを押して外に出てみる。(その昔、馬に乗って出入りしていたものなので高さが3mはあるかという木のドアが、松葉杖を持ちながらの手で重いのなんのって。古い作りはこんな時大変です。)

近所のパン屋さん(約200m先)が目標だったのですが、それどころではなく正面玄関を一歩外に出たところで既に疲れています。

さすがにここで戻るのはなんだしー と、お向かいの建物回りをぐるっと回ってみる。多分1周100mくらい。途中で立ち止まったりもしたのにぐったりで早々に帰宅。 

退院時に理学療法士さんから言われたとおり、本当に外の空気は全然違いました。

4、5回/日の外出リハビリなんてとんでもない状況です。(前途多難)

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

とりあえず外出したぞ!と宿題を1つ終えた気分でソファーに倒れ込み、午後のネットサーフィン開始。(在宅なんだから仕事しろよ って感じですが)

新しいサイトを発見します!

今度はUSAから

その名も「ヒップランナー.com」

http://hiprunner.com

管理人のトムさん自身も2012年に人工股関節置換術をされ、2016年にはグランドキャニオン24kmなんていうのも踏破されてます。(去年の夏にアメリカを訪れた際に、丁度寄ったので、その険しさと暑さが想像できて一層共感できたのでした)

http://hiprunner.com/?author=1

グランドキャニオンで、私たちが挑戦したのはちょっとした小山だったけど、足場の悪さ、体を保護されるものがない恐怖とその暑さは半端なかったです。

(摂氏 46度だったりします アハハハ)

f:id:tomateo:20170513210102j:image 

(係員さんの説明によると、柵やロープがあるとかえって皆さん体を預けて下をみたり写真を撮ったりするので逆に危険で、あえて設けてないそうです。落ちたら自己責任です。💧)

 

ヒップランナー.comは登録すればどんどん書き込みできるシステム。

メンバーはUSA在住の方がほとんどですが、元気づけられる内容や参考になる情報がぎっしり詰まっていました。

私の場合、特に参考になったのは時々目に留まるイギリスや北欧からのヨーロッパ方面の方々の書き込み内容。手術やリハビリの方法が私と似ています。(何故かフランスからはありませんでした。フランス人英語苦手だからかな?笑)

アメリカの皆さんとお医者さんの指示は思ったより慎重派です。(Tちゃんのご主人と同じ。Doctor says my running days are over‥ みたいな

内容は、術後day1からの厳密な状況報告であったり、初めてスポーツに取り組んだ日の様子だったり、注意事項だったり、ダイレクトに「医者からはもう走れないと言われたけど、いつからランニング開始できるとおもいますか?」とか書いていたり(笑)、細かく人工股関節の素材や手術の方法等を書き込んでいる方もいます。

他には、数ヶ月、数年前に書き込みをして、今はこんなにスポーツができるようになったとか、こんなレースに参加したとか、後日談を再び書き込みをされている方もいます。

ランナーの端くれの私には、そこに書かれている気持ちや思いが、それはもうわかりすぎるくらいわかる内容ばかり! やっとわかり合える人達にであった感じです。

そして管理人のトムさんをはじめ、登録されている皆さんのコメントがまた本当に素晴らしい!

私も凹んだらここに書き込みして元気づけてもらおうと心に決めていました。

今日久しぶりに新しい書き込みを読んで、「Hardware is great. Soft tissue takes time.」に元気づけられたところです。

そして もちろん!Hatenaブログの皆さんからも相当引き上げられていただいてます。ありがとうございます!

∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞ ∞∞

今日のランニング:4.6 km + ウォーキング6.5km

メモ:朝起きたら結構痛みが引いてたので明日にしようかどうか迷うがとりあえず走ってみる。いつもの場所の疼痛はあるが走っていても痛みはひどくならず。 太腿の上がり具合はジムの件でちょっと後退した感じ、上げづらい。(頭の中でアゲロと指令が必要)

 f:id:tomateo:20170513210126j:image

久々にセーヌ沿いのマイコースを走ってみる。朝ランでいつも挨拶していた彼女に久々におはよう!

いつもきれいだね。君は♡

 

 

  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする